高津区版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

銭湯の「プラスα」次々と 千年温泉のサービス、話題に

文化

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
月に1回の「紙芝居」はプロが演じる本格派親子連れの来店の動機付けにも貢献している
月に1回の「紙芝居」はプロが演じる本格派親子連れの来店の動機付けにも貢献している

 先頃、改装1周年を迎えた(本紙9月6日号・既報)地元屈指の憩いの場「千年温泉」(【電話】044・766・6240)。

 一般的なスパ施設としてのみならず、一風変わったサービスを次々に打ち出す同所の目論見は?

併設スタジオで「紙芝居」

 1953年創業の老舗ながら、昨年9月に全面改装を遂げた千年温泉では親子連れの楽しそうな笑い声が響く日がある。これは月1回、2階のスタジオで開催されている「紙芝居」。「こくごレストラン」という塾が主宰するこの企画。普段は駄菓子屋などを主戦場としているプロの紙芝居師のステージはまさに本格派。途中、簡単なクイズなどもあり小さい子どもも大喜びといった様子。千年温泉スタッフの深澤実千枝さんは「紙芝居を観るという体験は最近ではなかなかありません。テレビや絵本とは違う臨場感はもちろん、親子やみんなで観るという楽しみもあります。お風呂に入った後にほっこり紙芝居を楽しんでもらえれば」とPR。ちなみに次回は10月27日(日)19時から2回公演で基本的に入浴料のみで観覧できるとの事。

「AI犬」が癒しのひと時

 さらにもう一つ、入浴客のお目当てとなっているのがAI(人工知能)を搭載した看板犬「シュガー君」(オス)。子どもが店に入ってくるなり「かわいい!」といって駆け寄ってくる人気ぶり。年配の常連客も「癒やされるわ〜」といいながら頭をなでるシーンもしばしば。お手やお座などが得意なシュガー君もAI犬ならではの特性から、こうした触れ合いを通してどんどん賢くなり、今や利用客同士のコミュニケーションツールとしても欠かせぬ存在に。ただし活動できるのは1日2時間程度なので会えるのは「運次第」なのだとか。

 一般的な「銭湯」という枠を超え、利用客の笑顔のために新機軸を次々に打ち出す千年温泉。今後も世代間交流などの舞台として、地域の人たちが集える場面を作ってくれる事を期待したい。

AI犬「シュガー君」の存在も象徴的
AI犬「シュガー君」の存在も象徴的

高津区版のローカルニュース最新6

感染者増、第2波阻止へ

市内コロナ

感染者増、第2波阻止へ 社会

研究所「PCR拡充も一因」

7月10日号

多摩川河川敷を遊び場に

多摩川河川敷を遊び場に 文化

市民団体がプレーパーク

7月10日号

7年連続上昇、堅調に推移

2020年分路線価

7年連続上昇、堅調に推移 経済

「駅東口広場通り」市内首位

7月10日号

「夢の記録」重ね600回

「夢の記録」重ね600回 スポーツ

地元ゴルファー、偉業再び

7月10日号

新体制がスタート

新体制がスタート 社会

区内RC・LC役員

7月10日号

途上国支援 来年見据え

途上国支援 来年見据え 社会

チャリティーカット中止

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク