高津区版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

ノーベル賞吉野氏 川崎時代、糸口つかむ 82年 「空白の時間」に発見

文化

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
本紙のインタビューに応じる吉野氏=11日
本紙のインタビューに応じる吉野氏=11日

 旭化成名誉フェローで、かつて20年にわたり川崎区の研究所に勤務した吉野彰氏(71)=藤沢市在住=が10月9日、2019年度「ノーベル化学賞」の受賞者に選ばれた。携帯電話や電気自動車に広く使われるリチウムイオン電池の開発に加え、地球温暖化など環境対策への貢献が評価された。同氏は11日、本紙の単独インタビューに応じた。

◇◇◇

 1972年に旭化成へ入社して以来、吉野氏は川崎区に勤務。92年に東京に転勤するまで研究課長などを務めた。「研究所に泊まりこんで全然帰れないような時期もあった」と当時を振り返る。

 1982年の年末、川崎技術研究所で休業前の大掃除を午前中に終えた日のこと。帰宅する社員もいる中、取り寄せたままになっていた文献に目を通そうと手に取った。そこで、現在のリチウムイオン電池の正極材料に関する文献を偶然見つけた。「何もすることがない、いわゆるエアーポケットみたいな空白の時間は自分でつくっておかないと、そういうのになかなか出会わないんでしょうね」とほほ笑む。

 「その材料が、そのときの負極材料と組み合わせると非常にいいということが文献的に予測できた。現在のリチウムイオン電池の組み合わせが決まった瞬間だと思う」。そして年明けを迎える。文献に書いてあったものを実際に作って組み合わせたところ、「非常にいい電池ができそうだ」というのが分かったという。

 川崎の臨海部では、これまでの勤務地で最長の20年を過ごした。「研究所からも見える夜景は昔からきれいだった。今はすごい人気でしょう。飛行機から見てもきれい」。川崎時代に思いをはせる。

 リチウムイオン電池は使い捨て乾電池とは異なり、繰り返し使える蓄電池で2次電池とも呼ばれる。小型で高性能なことから、スマートフォンやノートパソコンなどに広く利用されており、現代の情報社会における「要」ともいえる。

 3氏による共同受賞で、吉野氏はコバルト酸リチウムを正極とし、特殊な炭素素材を負極とする仕組みを開発した。日本人の化学賞受賞は8人目。

高津区版のローカルニュース最新6

市内初、ヒアリ確認

市内初、ヒアリ確認 社会

東扇島 数百匹殺処分

7月3日号

帰ってくる 「花コンサート」

高津区

帰ってくる 「花コンサート」 文化

地域風物詩 8月目途に

7月3日号

給付 市想定の2%満たず

小規模事業者臨時給付金

給付 市想定の2%満たず 経済

周知不足解消へ広報強化

7月3日号

7月17日 開業へ

カワスイ

7月17日 開業へ 文化

川崎初の水族館

7月3日号

元沢社長構想語る

バスケ川崎BT

元沢社長構想語る 経済

7月3日号

地域の混雑 ウェブで紹介

【Web限定記事】神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク