高津区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする 武井 慎一郎さん 北見方在住 53歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

「川崎の歌姫」パワー信じて

 ○…「川崎の歌姫」として、市の魅力を発信し続けるプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動を支えて来年で丸20年。高津区を中心に、地元住民や行政、社会福祉協議会などと共に音楽を通じてその楽しさを伝える活動をしたり、地域交流や健康促進イベント等へと活躍の幅を次々拡げる桜井さんを陰で見守り、支え続けている。

 ○…「私が桜井純恵の一番のファンです」とキッパリ。それもそのはず、プライベートでは桜井さんのパートナーとしての一面も。「音楽への真摯な取り組み、その情熱、市民にあまり知られていない川崎という町の魅力を発信し続ける能力はとても素晴らしいです」と桜井さんを評し「想いの深さ、そして音楽を通じて出会った人たちへの思いやりなどに共感しています」と、照れずに語る。

 ○…今回の台風19号で大きな被害を受けた自宅マンションの管理組合理事も務める。マンション全体で町会に加入しているため「(被災後)ご協力を沢山頂き、また町会を通じて知った情報も有難かったですね」と話す一方「マンションという自治だけでは限界を感じました」とも。「三軒隣までは難しいかもしれませんが、マンション住まいで軽視しがちなお隣同士の付き合いは、とても大切だと感じました」としみじみ語る。

 ○…復興まで道半ばという事は重々承知の上で桜井さんのチャリティーイベント実施に踏み切った。「お世話になってきた地域の方、町会の方、そして社会福祉協議会へのご恩返しの意味も込めて、音楽を通じて少しでも皆様が楽しんで頂けるように」という開催趣旨に、外連味は一切感じられない。「川崎の歌姫」の持つパワーが、高津区はもちろん市内全域にわたって復興のエネルギーになる事を、信じて-。

悩みのち晴れ 眞宗寺

寄付をお願いしないお寺。施設は宗派問わず斎場としてご利用いただけます。

http://www.shinsyuji.net/

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

冨田 誠さん

高津区社会福祉協議会の会長に就任した

冨田 誠さん

坂戸在住 71歳

1月24日号

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

武笠 太朗さん

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する

武笠 太朗さん

坂戸在住 50歳

12月13日号

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

西堀 裕太朗さん

「全国きき酒選手権大会」に神奈川県代表として出場した

西堀 裕太朗さん

千年在住 30歳

11月29日号

KEITAさん(本名:田中 啓太)

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた

KEITAさん(本名:田中 啓太)

二子在住 41歳

11月22日号

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク