高津区版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する 武笠 太朗さん 坂戸在住 50歳

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena

「自分ができる事」追い求め

 ○…高津区に生まれ育ち、幼少期から「将来は人に喜んでもらえる仕事に就きたい」と切望。中学生の頃から介護ボランティアを務め、大学を卒業後は県外にある知的障害者のための福祉施設等のスタッフとして活躍。日夜仕事をこなしながら介護福祉士やケアマネージャーといった、職務に必要と思われる資格を次々取得。苦労と共にキャリアを重ねてきた。

 ○…介護の現場における様々な「リアル」を知り尽くすだけに、時には施設を経営する側との考え方のギャップに悩んだ事も。それでも「その場所で、自分が何ができるのか?」という事を常に念頭に置き、誠心誠意、介護に努めてきた結果、12年前に念願の独立。高津区を拠点に居宅介護支援事業所を立ち上げた。

 ○…一見、順風満帆に思えるが、施設開設当初は利用者が思うように集まらず苦労の日々が続いたのだとか。「出ばなを挫かれましたね」と、当時を振り返り苦笑い。15年以上培ってきた介護のスキルとノウハウがあり、地元に戻っての独立とあれば、事業所の運営も上手く行くと目論んでいたが「それよりも大切なのは地域の人との関係づくりですね」と話す。地域の行事や盆踊りなどに参加する度に「介護の武笠さん」の名は少しずつ知れ渡っていき、今では区内屈指のスペシャリストの一人に。「地元の皆さんに受け入れてもらったおかげです」と、感慨深げにニッコリ。

 ○…夜勤も多い仕事柄、日常は多忙を極める。だが町会青年部やスポーツ推進委員等の会合にも出席しネットワークの輪を拡げている。高津区での「自分なりの介護」を追い求める日々は今年でちょうど”干支ひと回り”。次の亥年、どんなビジョンを体現しているのか、師走の夜にそんな興味がふと湧いた。

高津区版の人物風土記最新6

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

西堀 裕太朗さん

「全国きき酒選手権大会」に神奈川県代表として出場した

西堀 裕太朗さん

千年在住 30歳

11月29日号

KEITAさん(本名:田中 啓太)

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた

KEITAさん(本名:田中 啓太)

二子在住 41歳

11月22日号

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

株式会社菊池組

「県建築コンクール優秀賞受賞」木造、RC造の個人住宅、集合住宅お任せ下さい

http://www.kk-kikuchigumi.jp/052.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

  • 「悔いなき人生」目指す

    新春インタビュー【2】

    「悔いなき人生」目指す

    プロドラマー 島居 里帆さん

    1月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク