高津区版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

高津区在勤白井泰昭さん 社交ダンス、3大会で優勝 世界への挑戦権を手に

スポーツ

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
シニアIII優勝時の表彰式
シニアIII優勝時の表彰式

 高津区にある(株)総商に勤務する白井泰昭さん(50)が11月17日に開催された「社交ダンス全日本選手権シニアIIIクラス」で優勝。世界選手権への切符を手にした。白井さんは今年開催された三大会でいずれも優勝し、3冠を果たした。

 茨城県で開催された社交ダンス「全日本選手権」。白井さんは飯村美哉子さん(55)=世田谷在住=とペアを組み、50歳・55歳以上のペアで出場するシニアIIIで優勝した。同クラスは22組の出場ペア中、上位6組に来年6月にスペインで開催される世界選手権の出場権が認められる。

 白井さんは2015年に同選手権のシニアI(30歳・35歳以上)で世界選手権の出場権を一度手にしているが、直後のペア解消で挑戦を断念。白井さんは「出られるものなら世界に挑んでみたい」と話すが、渡航費などは全て自費。出場は現状、不透明という。

 白井さんは3月に開催された全日本選手権シニアII(40歳・45歳以上ペア)でも優勝し、同じく世界選手権への出場権を得ている。6月には全日本シニアダンス選手権で優勝し、3大会3冠の快挙を成し遂げた。

週6で練習

 白井さんが社交ダンスを始めたのは20代後半の頃。実家が営んでいた飲食店の常連客から「踊れないの?」と言われたのをきっかけにサークルに入ったのが始まりだという。「知人の紹介でプロの演技を見て衝撃を受けた」と本格的に競技に打ち込むことを決めた。

 練習は週6日。仕事終わりに自宅のある宮前区のホールに通い、3時間ひたすら躍り込む。練習後にジムでトレーニングすることも多いという。「若い人にも負けたくない。本番が一番ワクワクして楽しい」と社交ダンスの魅力を語り、熱心に競技に打ち込んでいる。
 

高津区版のローカルニュース最新6

アラフォーでも、アイドル

アラフォーでも、アイドル 文化

新作在住・瀬野尾さん

4月9日号

住宅地の上昇鈍化

住宅地の上昇鈍化 社会

高津区 公示地価

4月9日号

新署長が就任

新署長が就任 社会

高津警察署・高津消防署

4月9日号

22年ぶりの「日本一」に湧く

カワサキスイミング中学水球チーム

22年ぶりの「日本一」に湧く スポーツ

主軸選手は高校も同窓に

4月9日号

災害時に入浴支援

浴場組合

災害時に入浴支援 社会

市と協定締結

4月9日号

U25で「地元」考える

U25で「地元」考える 社会

市内の若者集う初会合

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク