高津区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

新春インタビュー【1】 「リンゴ」の名、世界に轟かす 女子高生ダンサー 渡辺 りんごさん

文化

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年、ストリートダンスの世界大会で優勝を飾った久地在住のダンサー・Ringo Winbee(リンゴウィンビー)こと、渡辺りんごさん(16)。女性ポッパーのパイオニア的存在の一人で、今、世界から熱い視線が注がれる女子高生ダンサーだ。

―ダンサーが1対1で対峙し即興で踊り競う「バトル」を主体に、中国やシンガポールなど、国内外で活躍していますね

 海外の大会は観客がめっちゃ盛り上がってくれるので楽しいです。バトルの出場は小学1年生の時から。緊張もしますが、最近は対戦相手や音楽、フィールド全体を見て楽しめるようになってきました。(表現を)出し切れないこともあるけど、ハマるときハマる。それがすごく気持ちがいい。

―りんごさんのダンスのジャンル「ポップ」は、女性ダンサーが少ないと聞きました

 同世代に女性ポッパーはほぼいないです。男の子が踊るイメージがあるようで、お父さんもポップにのめり込む様子に少し動揺したそう(笑)。私は5歳からヒップホップをはじめ、踊りの技術を上げるためにポップを習ったことが始めたきっかけです。ポップの大会で結果が出始め、小学4年生でポッパーになると決めました。「リンゴウィンビー」の名前はその時、先生につけてもらいました。世界で勝てるようにという意味が込められています。

―女性ポッパーとして海外の女の子たちにも影響を与えていますね

 中国の大会に出たとき「リンゴをみてポップを始めた」と言われ、自分の影響で始めるってすごいなと。信じられないような気持ちになりました。女性ポッパーがどんどん増えると嬉しいしワクワクします!

―今後の目標は

 ダンスは言葉がいらず、音楽があればだれでも楽しめ、人生が豊かになると感じました。将来はダンスの楽しさを子どもたちに伝える先生になりたい。

 まずは、世界的に有名なダンサーとして活躍し、リンゴウィンビーをもっと知ってもらえるよう頑張ります。

しなやかで緩急自在のダンスで世界中の観客を沸かせる
しなやかで緩急自在のダンスで世界中の観客を沸かせる

高津区版のローカルニュース最新6

開催10周年に寄せて

川崎ものづくりフェア

開催10周年に寄せて 文化

北工業会前会長 上松義典

7月1日号

浸水に備えボート訓練

浸水に備えボート訓練 社会

高津消防署、消防団が協力

7月1日号

「かわさきそだち」料理教室

市内産農産物

「かわさきそだち」料理教室 文化

参加者募集(先着24人)

7月1日号

「アラカン」で新バンド結成

高津区出身ドラマー 五十嵐公太さん

「アラカン」で新バンド結成 文化

武道館目指し地元公演

7月1日号

ニュースポーツを体験

ニュースポーツを体験 スポーツ

24日にスポセンで

7月1日号

今年もそれぞれ中止に

「区民祭」「橘ふるさと祭り」

今年もそれぞれ中止に 文化

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook