高津区版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

(PR)

糖尿病・内分泌内科 健診で「Hb(ヘモグロビン)A1cが高い」これは糖尿病疑い?

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena

 糖尿病の診断には、血糖値とヘモグロビンA1cの値などを用います。健診でこの数値が高く、異常や注意を指摘された方は、3〜6か月以内に再検査を受けることをお勧めします。仮に糖尿病ではなくても、糖尿病になる確率が高いということ。深刻な自覚症状がないからと放置するのは大変危険です。

 糖尿病は、血液中を流れるブドウ糖(血糖)を処理できなくなる病気。つまり血糖値が高い状態が続きます。初期の自覚症状はほとんどなく、進行すると多尿、のどの渇き、疲れやすくなるなどの症状が現れます。ですが、無症状のまま進行することも少なくありません。糖尿病で最も危険なのは合併症です。高血糖が続くと、血管が傷つき、目、腎臓、神経などに障害をもたらす合併症を引き起こします。また、心筋梗塞、脳卒中を引き起こす動脈硬化が進行します。

専門家による連携医療

 糖尿病の治療は、完治が難しく、早期に発見して合併症を起こさない、または現状より悪化させない血糖値のコントロールが重要となります。

 当院は糖尿病専門医、循環器専門医、糖尿病療養指導士の認定資格を持つ看護師と管理栄養士が在籍し、連携して治療にあたります。大きな病院と同等の検査機器(ヘモグロビンA1c、血糖値、尿検査)を導入。検査当日に結果を伝え、心身の負担を軽減します。

 糖尿病は上手に付き合っていくことが大切。数値が高い場合は、専門医へご相談下さい。

田園都市溝の口つつじ内科クリニック

神奈川県川崎市高津区新作3の1の4

TEL:044-860-3101

http://tsutsuji-clinic.jp/

高津区版のピックアップ(PR)最新6

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

たちばな銀杏霊園

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

7月24日(土) 25日(日) 見学会

7月23日号

電気の心配ない暮らしへ

災害への備え万全ですか? 新築・建替

電気の心配ない暮らしへ

供給システム設置 実質0円

7月23日号

外構工事、無料でお見積り

エクステリア

外構工事、無料でお見積り

プラン作成も

7月23日号

最大60万ポイント付与

「新制度」でお得にリフォーム

最大60万ポイント付与

お勧めは「抗菌素材の床」

7月23日号

相続・不動産の悩み解決

相続・不動産の悩み解決

8月7日(土)・21日(土) 無料相談会

7月23日号

お金のはなし

税理士・FPの高橋さんが解説

お金のはなし

その10「年金の上乗せ制度について」

7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter