高津区版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

「未来の高津」実現に向けて 高梨区長が抱負語る

政治

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena
取材に答える高梨区長
取材に答える高梨区長

 本紙では元旦号の市長インタビューに続き、高津区の高梨憲爾区長に区政の現状や展望を聞いた。高梨区長は昨年を振り返ると共に今年の抱負などを語った。(聞き手/本紙・室野 義之)

 ―まずは昨年の所感などをお聞かせ下さい。

 最大の出来事は、台風第19号の襲来です。高津区においても甚大な被害が発生しました。災害対応では、刻々と状況が変化する中、マニュアルを過信せず、情報を分析して最善の手法を取るように心がけました。「命を守る防災」に取り組む一方で、お一人がお亡くなりになったことは悔やみきれません。

 ―そのような中でも高梨区長が重点的に取り組んできた区政運営施策は進捗しているように感じました。

 防災面では、「土のうステーション」3か所を他区に先駆けて整備しました。台風襲来時には、多くの方が利用されました。また、ダンスを通じて地元への愛着やまちの賑わいを創出しようと、ダンスフェスタの準備を進めてきました。1月19日に高津市民館で「ダンス!ダンス!たかつ2020」を開催します。

 ―今年の「テーマ」を簡潔なキーワードで教えて下さい。

 魅力あるまちづくりを進めていくためには、目の前の課題を解決していくだけでなく、「5年後、10年後に、自分が暮らす地域がどうあって欲しいのか」、未来のまちの姿を考えていくことが、とても大切なことであると思っています。今年は、テーマに「未来をつくろう」を掲げ、区民の皆さまがみんなで「未来の高津」の姿を描き、その実現に向けて自分たちでできることを考え、実行に移していく、そうした環境をつくっていきたいと思います。

 ―今年、一層注力する区政運営方針施策と新年の抱負を語って下さい。

 「未来づくり」に向けては、区民の皆さまが、地域について学び、未来について考え、自分とは立場の違う人たちの話を聞き、また自分の思いや考えを伝えあうことのできる機会や場づくりを進めていきます。

 防災の面では、昨年の災害対応の検証を行い、避難誘導、避難所運営などの改善を図るほか、区民の皆さまへの防災知識の普及や区本部体制の強化に努めます。

 地域包括ケアシステムでは、マンション内のユニークな取組や好事例を収集し広く発信することで、「マンションにおけるつながりづくり」を応援します。また、高津区社会福祉協議会と連携し、健康体操の普及や高齢者の社会参加を促進し、健康寿命の延伸と生きがいづくりを進めていきます。

 パラムーブメントの面では、多様な方たちが垣根なく混じり合う「インクルーシブな社会」を目指します。障害者スポーツの普及や多様な方が参加するダンスフェスタなどの取組を進めます。

 大山街道が元気です。「カレーフェスタ」や「ハシゴめし」には多くの来場者がありました。担い手のさらなる発掘のほか、大山街道のつながりを広げて、地域の皆さまの取組にはずみをつけたいと思います。

 昨年は事件や災害など暗い話題も多かった年でした。今年は明るい話題の多い1年に、未来を明るいものにする1年にしたいと思います。

高津区版のトップニュース最新6

「夏は公共施設で学ぼう」

高津区

「夏は公共施設で学ぼう」 教育

子ども達に環境提供へ

7月10日号

コロナ禍も「上向いて」

区内花火師有志

コロナ禍も「上向いて」 文化

 多摩川で5分間打ち上げ

7月10日号

見学歓迎 「こども神輿」

新作八幡宮

見学歓迎 「こども神輿」 文化

手作り前、イメージ醸成に

7月3日号

新ルール設け再開へ

多摩川緑地BBQ広場

新ルール設け再開へ 社会

入場、ピーク時3割以下に

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 社会

計画7年目、新設進まず

7月3日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク