高津区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第8話 その2 三田 菊一さん

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena

◆戦争の記憶【2】―特攻隊の飛行機を見た日―

 空襲があった3月9日夜。実はこの日、祖父が亡くなっているんです。祖父の遺体を家において「申し訳ない」と思いながら、とにかくみんなで防空壕に急いで逃げたことを覚えています。空襲警報のたびに、防空壕に逃げましたね。そんな怖い生活でした。

 10歳の時に終戦を迎えましたが、子どもながら大変なことになったと思いました。父は、息子2人を戦争で亡くしたことをいつも悔やんでいました。男の子はみんな戦争に行く時代でしたからね。私も戦争が続いていたら行く覚悟はしていました。裏山のけやきの木のところで、B29が来るとよく見ていました。大砲を打つけど届かないんですね。そこをB29は悠々と飛んでいくんです。日本はそこまで届く技術を持っていなかったんです。ある時、B29の下に小さな飛行機が見えたのですが…日本の特攻隊の飛行機でした。結局は突っ込んでバランバランになるのを見ました。その時のことは、今でもはっきりと覚えています。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第9話 その2 斉藤 マキ子さん

2月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第9話 その1 斉藤 マキ子さん

2月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第9話 その1 斉藤 マキ子さん

2月7日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第8話 その4 大竹 寿一(ひさいち)さん

2月7日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

1月31日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第8話 その3 大竹 寿一(ひさいち)さん

1月31日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク