高津区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

ダンス聖地「溝口」 地元愛、醸成の起爆剤に 19日、高津区初のイベント

文化

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
溝口を拠点に世界で活躍するダンスチーム「BDM」も出演
溝口を拠点に世界で活躍するダンスチーム「BDM」も出演

 ダンスで地域を盛り上げようと、高津区は初の参加型イベント「ダンス!ダンス!たかつ2020」を1月19日(日)、高津市民館で開催する。ジャンルを問わず21団体が出演。「ブレイクダンスの聖地」と呼ばれる溝口を拠点に世界で活動するチームもエントリーする。ダンスを通じ、街の愛着を高める狙いだ。

 溝口は、世界で活躍するブレイクダンサーを輩出していることから、「ブレイクダンスの聖地」と呼ばれている。また、世界最高峰のブレイクダンス・トーナメントの国内予選が市内で開かれるなど、近年盛り上りを見せている。

 区担当者は「ダンサーたちが溝口を目指してくると聞く。地域の資源として、ダンスを通じて地域に愛着を持つきっかけになれば」と企画の狙いを話す。

 今回ゲスト出演する「BDM」も溝口を拠点に国内外で活躍するチームのひとつ。メンバーのひとり、Y│HI(ワイハイ)こと高橋凌さん(20)は「溝口で踊れることは、ダンサーにとって誇り。(ブレイクダンスは)少し近寄り難いと思われがちだけど、ダンスに馴染みのないも人も楽しめる、かっこいいと思ってもらえる技を披露したい」と意気込みを語る。

 今回出演するのは、一般公募18団体、ゲスト出演3団体の計21団体。ストリート、ジャズ、チア、ベリーダンスなどさまざまなジャンルの団体が演技を披露する。

 ゲスト出演はBDMのほか、洗足学園音楽大学ダンスコースの選抜学生4人で構成される「SDC★シャレオツステッパー」、区内を拠点に「障がいの有無に関わらず、楽しくダンスすること」を目的に活動する「ダンスラボラトリー」。

 高梨憲爾区長は「年齢や国籍、障害の有無を問わず、同じ空間で楽しめるものがダンス。ダンスをきっかけに、街の賑わいづくりにぜひ参加してもらいたい」と話す。

 午後3時30分開演(3時開場)。7時終演予定。会場は高津市民館大ホール(溝口1の4の1ノクティプラザ2・12階)。入場無料。

高津区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

「冬の風物詩」今年も

大山街道ふるさと館

「冬の風物詩」今年も 文化

フェス装い新たに開催へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

「自由通路」6月供用へ

JR南武線津田山駅

「自由通路」6月供用へ 社会

利用者の”悲願”まもなく

2月14日号

リーグ戦一旦中止で「恩返し」

高津親睦ソフト

リーグ戦一旦中止で「恩返し」 社会

地域ボランティア申し出

2月7日号

エジプトから“授業参観”

上作延小学校

エジプトから“授業参観” 教育

「自主性重視」の利点伝える

2月7日号

念願叶え「晴れ舞台」へ

北見方在住石関武之さん

念願叶え「晴れ舞台」へ 文化

全国俳句大会で特選輝く

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク