高津区版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

「第21回NHK全国俳句大会」で約5万作品の中から特選を受賞した 石関 武之さん 北見方在住 78歳

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

「情景を共感できる魅力」に夢中

 ○…市内の大手電機メーカーを定年後、興味本位で飛び込んだ俳句の世界。「同じ情景を多くの人と共有できる魅力」に取りつかれ、今ではすっかり虜といった様子。「1日1句作る事を目標にしていますよ」とニッコリ。

 ○…俳句は個人の素養が色濃く反映するのかと思いきや、愛好者のグループが沢山あって、互いに作品を批評し合うのが楽しみなのだとか。自身も著名な俳人が主宰するグループに所属し、仲間と共に才能を磨く。今回、全国レベルの大会でひとつ結果を残したものの、アマチュアの俳句愛好家のなかでは「まだまだ中堅といったレベルですよ」と話す。

 ○…とはいえ、俳句のモチーフを求めて全国各地に足を運ぶなど、向上心は人一倍。近所の多摩川土手を俳句の題材にする事もしばしばだとか。目についた物やフレーズは常に持ち歩いている手帳に記し、持ち帰って自宅でゆっくり紡ぐのが”石関流”。新聞で見かけた新語や、若者が発信する流行語などにも興味や関心を寄せる。「大きな景色をみた時の感情などから俳句を詠むのが得意」と話す通り、定年前に足を運んだオホーツク海でのワンシーンを切り取った一句で先頃、念願の「晴れ舞台」への登壇機会を掴んでみせた。

 ○…高津区に移り住んで40年余り。子どもも独立し、夫人との2人暮らしを満喫する。定年後、もうすぐ20年を数え、前出の手帳も10冊に迫ろうかとする中、今後の目標を尋ねると「元気なうちは俳句を続けたいですね」とキッパリ。聞けば今回、全国大会の晴れ舞台の応援に、孫娘を招待していたもののスケジュールが合わず断念したのが心残りなのだとか。「頑張って、来年も…」と密かな決意を新たにしている。

高津区版の人物風土記最新6

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

今年で10回目を迎えた地域の人気企画「俳句で里山体験」を主宰する

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

下作延在住 75歳

6月11日号

鈴木 章弘さん

NPO法人 高津総合型スポーツクラブSELFの事務局長を務める

鈴木 章弘さん

久本勤務 47歳

6月4日号

納米(のうまい) 恵美子さん

川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に着任した

納米(のうまい) 恵美子さん

溝口在住 67歳

5月28日号

加藤 拓也さん

PTA運営の効率化ツールなどを展開するNPO法人「ハピタ」代表を務める

加藤 拓也さん

久本在住 47歳

5月21日号

加藤 健太さん

指導にあたる水球チームを全国制覇に導いた

加藤 健太さん

宇奈根勤務 29歳

5月14日号

籾山 次郎さん

上作延老人会 最勝会の会長を務める

籾山 次郎さん

向ヶ丘在住 81歳

5月7日号

創業80周年記念キャンペーン中

【平日限定】七五三や家族写真等の記念撮影をお会計時に10%OFF!

044-822-3466

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter