高津区版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

「溝ノ口劇場」2代目支配人に就任した“MAX(マックス)”こと 菅野 真楠さん 千年在住 31歳

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena

「僕がいるから、ここで」目指す

 ○…生まれも育ちも、ほぼ高津区。旺盛な好奇心と明るい人柄で「いつも人の輪の中心にいる感じでしたね」と幼少期からを回顧する。坂戸小、西高津中を経て高校生に至るまでに幾度となく応援団長を務めるなど、体育会系の一面も。

 ○…一時はヴォーカリストとして頭角を顕しつつあったがプロの道は断念。ノクティ内のフードコート店員、IT関連企業と職を渡り歩き、音楽イベントなどを手掛ける知人の要請でアルバイトスタッフに。元々「いずれはエンターテイメントに関わる仕事に」と思い描いていた。それゆえ本格的にイベントに関わる様になるまで時間は掛からず「主宰企画を」となった際、会場候補となったのが「溝ノ口劇場」だったのだという。

 ○…会場利用について説明を聞くため、劇場オーナーと初代支配人を兼任していた重岡俊行氏と対面したのが約1年前。瞬く間に見初められ、主宰イベントの話もそこそこに、溝ノ口劇場のアルバイトスタッフに誘われ、正スタッフから今秋の支配人就任へと、まさにトントン拍子といった様子。劇場利用を希望するアーティストとの料金交渉から開催内容のアイデア出しまで、仕事は多岐にわたり「パンクしちゃうかと思うほど忙しいですね」と話すが表情には充実感が滲む。

 ○…名刺には大きく「MAX」の文字が。「これ、本名なんですよ。真楠(まくす)なので」とニッコリ。少しでも早く名前を覚えてもらおうとするそんなサービス精神が早くも人を惹きつけ、熱意のあるイベント提案でプロ俳優の一人芝居の開催を取り付けるなど早くも手腕を発揮している。「僕がいるから、ここ(溝ノ口劇場)でやりたいと思わせるようになりたいですね」と抱負を語ってくれた。

高津区版の人物風土記最新6

小黒 俊子さん

40年以上にわたり主婦目線からの「住みよい街づくり」を標榜する

小黒 俊子さん

諏訪在住 70歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

石塚 靜さん

LED技術を用いて高津区内で桜のライトアップを手掛ける

石塚 靜さん

中原区在住 75歳

3月20日号

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を溝ノ口劇場で初めて上演する

水島 涼太さん

多摩区在住 68歳

3月13日号

柏木 靖男 さん

千年町会会長を務め、川崎市自治功労賞を受賞した

柏木 靖男 さん

千年在住 78歳

3月6日号

宮寺 貞文さん

「高津区市民健康の森を育てる会」の会長を務める

宮寺 貞文さん

久地在住 72歳

2月28日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク