高津区版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊽ 来年度予算で消防団員の年額報酬引き上げへ 川崎市議会議員 さいとう伸志

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 2月17日より市議会定例会が開会され、令和2年度予算案の審議が本格的にスタートしました。一般会計7千925億円は6年連続過去最大規模で特別会計と企業会計を合わせて1兆4千852億円となり、約1ヶ月間に渡り議論が行われます。今回はこの中の消防団関連費用約2億2千700万円について取り上げます。

消防団員の報酬増額について

 昨年も台風19号や市内の火災、災害等で活躍した消防団ですが、これまで仕事を掛け持ちしながらも訓練や昼夜関係なく出動命令が出れば、現場に駆けつけ、市民の安全・安心に尽力されてきた消防団員。これまで年額報酬は2万2千円と政令指定都市の中で2番目に低い水準でした。これは他都市と違い幹部、団員関係なく一律であります。消防局の話では「本市の消防団員は非常に使命感が強く報酬に関してもこれまで異論を唱える人が少なかった」と聞きました。この度の予算案では大幅増額の3万6千500円とありますが、国が各地方公共団体に支給するよう示す基準単価とのことであります。

 現在、本市の消防団員の定員は1千345人で1月1日現在の充足率は83・7%と全国平均の90・4%を下回っております。団員の確保と所属団員のモチベーションアップにつなげようと市は考えております。

機能別消防団員制度導入と資機材の充実

 機能別消防団員とはこれまでの「基本団員」のように日頃の訓練、災害時の出動はできないものの生活スタイルや能力に合わせて、大規模災害時の基本団員の補佐等や団員確保に向けた啓発活動に従事し、消防団活動の強化に努めてもらう団員のことであります。

 また、近年増加する風水害に対応し、救助ボートも各団に配備する予定になっております。

 私たち市民の生活に関わる大事な予算であります。しっかり議論し、その内容をまた随時報告してまいります。
 

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「コロナ禍」で急増する川崎市の財政

数値でみる川崎と高津 No.62 シリーズ

「コロナ禍」で急増する川崎市の財政

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

7月3日号

「避難所の感染拡大防止」に向けて

志高く真摯に市政へ 市政リポート 51

「避難所の感染拡大防止」に向けて

川崎市議会議員 さいとう伸志

6月26日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載228回

「くにこ」の県庁見聞録

コロナ禍―支援編

6月12日号

コロナ「第一波」は収まった?

数値でみる川崎と高津 No.61 シリーズ

コロナ「第一波」は収まった?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月5日号

「新型コロナ対策費補正予算」が可決

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊿

「新型コロナ対策費補正予算」が可決

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月22日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載227回

「くにこ」の県庁見聞録

コロナ禍―医療編【2】

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク