高津区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第10話 その2 高品千鶴子さん

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

◆新住民としての暮らしぶりは

 当時は、すぐ近くの梶ヶ谷マンションというところに店ができたばかりでしたので、買い物はそこでしました。今のセブンイレブンのところです。肉や野菜などすべて売っていたのですが、週一の休みの日だけは買い物ができなくて困りましたねえ。それ こそ、店といったら、駅の売店しかないのですから(笑)。駅の周辺に最初にできた店は、東急ストアで、次に写真館、次に洋菓子屋さんでした。高津郵便局は住んで10 年くらい経ってからできたのですが、便利になりました。この辺りで免許を取る主婦が多くなった理由は、買い物するところと病院がなかったということだったからではないかと言われています。東急ストアができる前は、電車で溝口に出るか、車で武蔵新城方面にあるスーパー「ライフ」になる前の「松阪」という店に買いに行ってました。この辺で生協がさかんですが、昔から野菜の直売所もなかったので皆で生協に入会したからです。私は、地域の生協ではなく、友人の紹介でベジタリアンというのに入っていました。今でも食料その他は多少そこから購入しています。 近所付き合いは、新しく入ってきた人同士でしたし、人も少なかったのでうまく付き合えました。東急が作った分譲住宅に関しては、地元の人々の反対はなかったと思います。土地が活きたということですね。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第10話 その3 高品千鶴子さん

4月3日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

3月27日号

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

3月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第10話 その2 高品千鶴子さん

3月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第10話 その1 高品千鶴子さん

3月20日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第9話 その5 斉藤 マキ子さん

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク