高津区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

川崎市医師会 船内で乗員ら問診 先月、ダイヤモンド・プリンセスへ

社会

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena
船室を回って問診にあたる岡野会長(右)とJMATのメンバー=先月14日、本人提供
船室を回って問診にあたる岡野会長(右)とJMATのメンバー=先月14日、本人提供

 新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜港に停泊していたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で先月活動した、日本医師会災害医療チーム「JMAT」。川崎からは川崎市医師会(岡野敏明会長=人物風土記で紹介)の医師11人と市内の看護師3人、船外支援を行う同会事務員3人が参加した。

 チームへの参加について、岡野会長は「船から『薬がほしい』と訴える人たちの姿を(報道で)見た。何か手伝えることはないかと考え、行動に移した」と振り返る。県医師会や川崎市医師会、横浜市医師会で結成されたJMATの主な活動目的は、乗員と乗客の体調チェック。2月14日午後に開始し16日、17日、19日の4日間にわたり3千人以上を問診した。

 船内には当時2500人を超える乗客と乗員約1000人が滞在。医務室が開放されていた乗客に対し、乗員は室内待機が通告されていた。乗員室は2人部屋で大半が外国人。そこで、JMATは医師と記録係の看護師、案内や通訳を担う乗員を1グループとして、初日は7組が巡回。半日で乗員約100人を問診し、感染検査が必要な患者がいるかを確認した。

 2日目からは乗客も問診。下船が始まり活動を打ち切った19日までにJMATとして全乗員、乗客に声をかけることができた。日本感染症学会の指導のもと正しい着脱方法でガウンやマスク、手袋など防護具を使用。医師1人が問診するのは原則半日で、希望者は感染検査を受けるなど対策を徹底した。14日に乗船した岡野会長は「半日間、緊張感を保って活動した。新型コロナは要注意だが、正しい知識で対応すべき」と語った。

高津区版のローカルニュース最新6

新区長に鈴木氏

高津区

新区長に鈴木氏 社会

前副区長、57歳

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 教育

授業再開は検討続く

4月3日号

南武線にトーマス合体

南武線にトーマス合体 社会

英国キャンプをPR

4月3日号

「逆境生き抜く術」とは

「逆境生き抜く術」とは 社会

「写真のたなかや」が講演

4月3日号

釈迦の誕生祝う寺院巡り

釈迦の誕生祝う寺院巡り 文化

久本、末長でスタンプラリー

4月3日号

週末、夕方も閑散

週末、夕方も閑散 経済

外出自粛の波、高津区にも

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク