高津区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

川崎市中小融資 新制度に相談急増 コロナ窓口、半月で875件

経済

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した中小企業から、川崎市への経営相談が3月に入り、急増している。窓口への相談件数は23日までに900件に迫り、市は支援策として新たな融資制度を導入するなど対策を講じている。

 新型コロナの感染拡大を受け、川崎市は1月30日に経営相談窓口を設置。2月末までの相談件数は9件だったが、市が新たな融資制度を表明した3月2日以降、相談が急増。イベント関連企業や飲食店などから資金繰りの悪化に関する相談などが目立つという。

 新制度は融資限度額を従来の8千万円から2億8千万円に引き上げ、金利を0・9%から1・6%の低金利に設定。信用保証料率を市が全額補助する。融資には市の認定が必要で、1カ月の売上高が前年比15%以上減少見込みであることなどが条件。認定は窓口での書類申請が必要で、3月23日時点で237件が認定され、57件に融資が決まった。川崎信用金庫など市が指定する26の金融機関が融資を行う。

 中国でコンサルティング業を手掛ける幸区の会社の代表は「1月から3月まで予定していたイベントは中止し、4月以降もめどが立たない。当座の運転資金が必要で相談をした。直近の2月の売上はコロナの影響が出る前で前年比減にならず、条件に合わないが融資が受けられるのか」と不安を口にする。市担当者は「市の融資制度だけでなく日本政策金融公庫の無利子の融資も利用し、対応してもらうしかない」と語る。

 川崎市産業振興財団の中小企業サポートセンターは、経済の低迷が長引くことで仕入れに影響が出る製造業などの業績悪化が拡大するとみる。08年のリーマンショック以降の3年間は市内の倒産企業が100件を超えた。同センターの担当者は「リーマンショックのときと違い、この状況が長引けば一気に倒産する企業が出るかもしれない。危機を脱するにはここで設備投資をするなどの覚悟が必要」と話している。

高津区版のトップニュース最新6

火災・救急 減少傾向に

高津消防署管轄内

火災・救急 減少傾向に 社会

放火・こんろが出火原因上位

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

守った「正月風景」

宇奈根「カワサキ・スイミングクラブ」

守った「正月風景」 文化で

恒例の初泳ぎ、今年も

1月8日号

区民の暮らしに「安定」を

区民の暮らしに「安定」を 政治

鈴木区長が抱負語る

1月8日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

目標は2年連続総合3位

國學院大

目標は2年連続総合3位 スポーツ

箱根駅伝 あす号砲

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク