高津区版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第10話 その3 高品千鶴子さん

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

◆ここでの子育ては

 子どもは、2女1男です。昭和47年に梶ヶ谷小学校が開校しました。1番上の子の入学式は、体育館がなかったので校庭で行いました。児童増加につれ校舎も広くしたのですが、児童が減ると余った教室を地域の資料や農機具を集めた「ふるさと館」にしたりしました。 でもまた、最近増えていると聞いています。1番下の子は、1年生のときに建設省の官舎がなくなったり、3年生のときに西梶ヶ谷小学校ができたりし、人数に変動があり毎年クラス替えを行っていました。 子どもが小さい頃は、駅の近くは自然が豊かで、田んぼにはザリガニ、草むらではバッタがピョンピョン跳ねてましたよ。公園のノビルや土筆で佃煮も作りました。 切通しの道を通り生田緑地までよくハイキングに行きました。

  バス便も発達して、引越してから2年目には向ヶ丘遊園までバスが運行し、子どもだけで私の実家に行けるようになりました。当時、市民プラザ通りは、国道246号線の入口手前まででしたが、川崎信用金庫が協力して、向ヶ丘遊園まで道路を整備したと聞いています。 そうそう、宮崎中学校の生徒たちは、土地区画整理がされる前は、家の前の階段がありませんでしたので、山の回りをぐるりと歩いて通学していたようですね。 階段ができた後は、階段がとても急なので、うちの家の前で一休みしていた子達がいましたっけ(笑)。

高津区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.22 「外壁塗装」で毎日の暮らしを快適に!【2】

11月26日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

11月26日号

違っているから、おもしろい!

不定期連載コラム

違っているから、おもしろい!

 第4回 絵本に見る「価値観の相互認識」

11月26日号

GO!GO!!フロンターレ

いきいきスマホサロン

(3)スマホカメラはメモツール

いきいきスマホサロン

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook