高津区版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載227回 「くにこ」の県庁見聞録 コロナ禍―医療編【2】

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena

司会)川崎市がPCRセンターを開設しましたね。

くにこ)はい、川崎市のコロナ感染を調べるPCR検査センターはすばらしいですよ。連休明けから開設したと聞きましたが、私の主張通り、医師からの要請で検査するセンターなんです。実は、川崎市医師会長に、私の考えをぶつけたんですよ。保健所だけじゃあ手一杯だから別検査ルートを模索するべきではないか?と。すると川崎市医師会は市から委託されてクリニック経由で検査するPCRセンターを設置する予定だと教えてくれました。医師や看護師の感染リスクや補償問題の議論は棚上げにして、使命感から始めてくださったと聞いています。心から感謝と敬意を表したいです。素晴らしいです。

司会)くにこさん、すごいですね。

くにこ)はい。でも既に蔓延期に入っているので、次の段階に行かなければいけないんですよ。

司会)次の?

くにこ)ニューヨーク州クオモ知事が2回目の抗体検査結果を4月末に発表しましたね。ニューヨーク州各地から7500人の検査結果が感染率14・9%で、PCR検査結果による感染者数の10倍の数字が出た訳ですよ。感染しても無症状や軽症で済んだ人が数多くいると推測できます。

司会)TVで見たなぁ

くにこ)クオモ州知事は医療関係者の抗体検査も行い、次の一手を模索するデーターを収集しています。彼こそが危機の時代にふさわしいリーダーです。無症状で本人が知らない内に感染し発症せずに終わってしまった人や軽症で風邪か花粉症かと思っていたら感染していた人が、日本でも既に相当数いると推測できます。

司会)ですね。過去に感染したかどうかを検査するのが抗体検査、PCR検査と同様に今感染しているかどうかを検査するのが抗原検査。ややこしいです。

くにこ)PCR検査拡充の次の一手は抗体検査です。実は私、抗体検査を体験したんですよ。結果は陰性―感染していなかったので今後も要注意。抗体検査が保険適用になるとも聞いていますから、ぜひ皆さん抗体検査を受けるべきです。要注意の生活を継続するべき陰性なのか、少し緊張を緩めても大丈夫な陽性なのかを確認すれば、新たな気持ちでコロナと向き合えます。長い自粛生活ですから、気も緩みがち。副作用が強くない治療薬や予防ワクチンが開発されるまで、気を引き締めてまいりましょう!

神奈川県議会議員 小川くにこ

川崎市高津区久本2‐7‐34

TEL:044-865-1313
FAX:044-888-3600

http://www.kinet.or.jp/seseragi/

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

高津区版の意見広告・議会報告最新6

2030年に160万人を突破?

数値でみる川崎と高津 No.74 シリーズ

2030年に160万人を突破?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月4日号

令和3年第2回定例会が審議入り

志高く真摯に市政へ 市政リポート 59

令和3年第2回定例会が審議入り

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月28日号

「1万人を突破」〜第4波の収束を

数値でみる川崎と高津 No.73 シリーズ

「1万人を突破」〜第4波の収束を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月7日号

過去最大規模の予算が成立

県政レポート

過去最大規模の予算が成立

神奈川県議会議員 斉藤たかみ

4月2日号

 狭すぎる?広すぎる?川崎市

数値でみる川崎と高津 No.72 シリーズ

 狭すぎる?広すぎる?川崎市

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月2日号

「第4波」の防止を!

数値でみる川崎と高津 No.71 シリーズ

「第4波」の防止を!

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter