高津区版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める 佐藤 由加里さん 蟹ヶ谷在住 54歳

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

食で地域に笑顔を

 ○…「苦手な物も残さず食べてくれる子どもを見ると嬉しい」。好きな料理で社会貢献できると始めたこども食堂「菜の花ダイニング」は、親子だけでなく高齢者も集う地域交流の場に。多い日は100食ほど作ることも。こだわるのは、子ども受けに限らない一汁二菜のメニュー。「日本の食文化を大切に美味しい料理を。日々子育てで多忙な親を少しでも支えられたら」。買い出しから片付けまで休む間もないが、「次回も来るね」の言葉がやりがいだ。

 ○…団体同士で情報共有ができればと、一昨年9月に「かわさきこども食堂ネットワーク」を設立。加盟数は18団体23施設に増え、衛生管理の講習会や、食を通じた子育て支援のために専門家を招いたイベントも仕掛けた。大手食品メーカーなど数十社から寄付が届くほど認知もされてきた。それでも市内にはまだ多くの団体があり、「連携の輪を広げること」を直近のテーマに掲げる。

 ○…横浜市鶴見区で生まれ育ち、結婚を機に川崎へ。自宅周辺は平坦な土地で、どこへ行くにも自転車を愛用。「小学生の時より乗っているかも」と笑う。川崎の魅力は「人に優しく一体感があるところ」。自営業の夫を事務方として支えながら、地元の企業仲間とのつながりも重んじる。たまの休暇は、愛犬を連れて夫とキャンプに行くのが楽しみの一つ。

 ○…貧困家庭の支援か地域交流か―。こども食堂の意義は二分化するが「そもそも貧困そのものを無くさないと」。今進めているのはマップの作成。「市内の食堂を一覧化すれば利用者も喜ぶはず」。課題は費用面。食費、運営費、交通費など、かさめば大きい。特技をもつ地元の人の支援も大歓迎だ。地域全体で支えるこども食堂の実現を願ってやまない。
 

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

五十嵐 崇さん

「ものづくり」を通じて町工場の魅力を地域に発信し続けている

五十嵐 崇さん

久地勤務 52歳

6月18日号

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

今年で10回目を迎えた地域の人気企画「俳句で里山体験」を主宰する

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

下作延在住 75歳

6月11日号

鈴木 章弘さん

NPO法人 高津総合型スポーツクラブSELFの事務局長を務める

鈴木 章弘さん

久本勤務 47歳

6月4日号

納米(のうまい) 恵美子さん

川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に着任した

納米(のうまい) 恵美子さん

溝口在住 67歳

5月28日号

加藤 拓也さん

PTA運営の効率化ツールなどを展開するNPO法人「ハピタ」代表を務める

加藤 拓也さん

久本在住 47歳

5月21日号

加藤 健太さん

指導にあたる水球チームを全国制覇に導いた

加藤 健太さん

宇奈根勤務 29歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter