高津区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

川崎市 詐欺防止へ機器貸し出し 需要増への対策がカギ

社会

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena
一般宅に取り付けられた機器
一般宅に取り付けられた機器

 高齢者を狙った特殊詐欺の多発を受け、川崎市は迷惑電話防止機器を2022年度までに2200台、無償で貸し出すことを決定。70歳以上が同居する世帯を対象に、9月から申請を受け付ける予定。しかし貸出数は対象世帯の1%にとどまり、今後の需要に合わせた対応が求められる。

 自治体職員や警察官を名乗り、キャッシュカードや現金などを狙う特殊詐欺。昨年市内では387件発生し、被害総額は約5億8千万円に上った。特別定額給付金などに乗じた詐欺の発生も懸念されることから、市は迷惑電話防止機器の普及を、4月に掲げた緊急経済対策の中に盛り込んだ。5月の市議会臨時会で今年度補正予算に約680万円を計上。70歳以上が同居する世帯を対象に、2200台を22年度までに無償で貸し出す。

 機器は電話着信時に、通話内容を自動録音する警告メッセージを相手に事前告知することで、犯行を断念させる効果が期待される。

大和市で被害半減

 大和市では、18年10月から機器の購入費用として最大1万円を補助し、19年の特殊詐欺件数が前年に比べ3割減、被害額は半減した。19年度は当初300件の申請を見込んでいたが、想定を上回る511件を交付。今年6月10日までに802件を補助している。同市担当者は「需要が高く、予算を増額対応した。広報誌のほか量販店に説明に出向きチラシ配架するなど、周知に力をいれ被害の縮小につなげられた」と振り返る。

 川崎市が無償で貸し出す2200台は対象世帯の1%にとどまり、その期間も決まっていない。川崎市防犯協会連合会の笠原勝利会長は「事業を始める上で件数そのものは問題ないが、ニーズがあれば増やしてほしい」と話す。

 市では申請を受け付ける予定の9月までに貸し出し期間などを定め、対象世帯へ市の広報や回覧板などで呼びかけていく方針。需要が高ければ数を増やすことも検討していくとし、市担当者は「まずは今年度分の750台を貸し出し、今後に向けて検証したい」としている。
 

高津区版のローカルニュース最新6

在宅医療を学ぶ

在宅医療を学ぶ 社会

訪問診療医が講演

10月22日号

一日限定「美唄フェア」

一日限定「美唄フェア」 社会

23日 久地・日本理化学で

10月22日号

写真スポットがお目見え

梶ヶ谷「樹音」

写真スポットがお目見え 社会

ハロウィーン向けに設置

10月22日号

ジャイアンツJrに選出

久本BA入江諒太さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月22日号

シャンソンの歌声を

シャンソンの歌声を 文化

27日 すくらむ21

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook