高津区版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

睦高津連合会 「神輿ないなら献血を」 コロナ禍、区民祭中止受け

社会

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
発案者の平山会長
発案者の平山会長

 新型コロナウイルスの影響を受け、イベントの中止が相次ぐ中、新たな取り組みを始める動きもある。高津地区の神輿団体などが所属する睦高津連合会(平山政勝会長)は、中止となった高津区民祭の開催日、7月19日に区役所で献血活動を行う。同会は「祭りがないなら何ができるのか、を考えるとき」と話す。

 神輿パレードで高津区民祭を盛り上げてきた睦高津連合会。平山会長は「会でも中止を寂しく思う人は多い。やりたいのはやまやまだが今は我慢のとき」と語る。

 中止を受けて実施する献血活動は平山会長の発案。平山会長は毎年4月、増上寺(東京都)のみこし講に担ぎ手として参加するとき、担ぐ前の献血が恒例となっている。

 今年は新型コロナの影響でみこし講は中止となったが、献血のため同寺院へ訪れると、コロナ禍により献血協力者が減っていることを聞いた。平山会長は「献血なら、うちの会でもできるのでは」と三役に相談。同会所属の神輿を持つ9町会の会長に協力を依頼している。活動の話を聞いた鈴木哲朗区長の申し出を受け、献血バスの配置場所は高津区役所に。献血バス1台当たり採血できる人数は約70人。町会、神輿団体を中心に呼び掛けるが一般の協力者も受け付ける。

 平山会長は「神輿はひとりで担げない。だからなのか有事のときはすぐに集まれる仲間が多い。できることをやっておきたい」と話す。

血液不足の懸念も

 新型コロナウイルスの影響により、企業や大学で実施される献血活動が減少している。県赤十字血液センターによると、4月、5月は予定していた会場の4割以上で中止となった。担当者は「現状のままでいくと血液不足の恐れもある。こうしたご協力は本当にありがたい」と話す。

高津区版のトップニュース最新6

川崎の魅力 大漁旗に

高津高校定時制

川崎の魅力 大漁旗に 社会

地域の大人と一体で制作

9月24日号

「コロナワクチン」後押し

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「コロナワクチン」後押し 社会

接種当日サービスを拡充

9月24日号

高津消防団と強力タッグ

アルソック溝ノ口支店

高津消防団と強力タッグ 社会

「機能別団員」に初任命

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」

日本理化学工業(久地)

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」 経済

コンテナ直売所、今秋新設

9月10日号

規模縮小、今年も

溝口神社例大祭

規模縮小、今年も 文化

関係者での神事のみ挙行

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook