高津区版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

多摩川河川敷のせせらぎと親子広場でプレーパークを開催する 川瀬 早紀子さん 二子在住 43歳

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena

「遊び」が育む生きる力

 ○…多摩川河川敷のせせらぎと親子広場でプレーパークを開催する。3人の子の母親。近隣公園の多くはボール遊び禁止で敷地も狭い。「自然を感じながら自由にのびのび遊べる。ここにプレーパークができたらいいなって思っていた」と河川敷を眺め、笑顔を見せる。動き始めたのは昨年6月。『多摩川は管理が複雑だから難しい』という声もある中、唯一ママ仲間が賛同してくれた。市長車座集会に参加し、想いを話すと市の職員から声を掛けられ、実現に。「皆さんに後押ししてもらった」と笑う。

 ○…結婚と同時に二子へ。長男が生まれると慣れない土地での子育てに戸惑いもあった。「公園に行くと、長男がやんちゃして周囲に謝りまくってました」と、苦笑い。そんなときに子ども夢パークを拠点に活動する自主保育団体に出会った。泥池でも好きに子どもを遊ばせる大らかさに衝撃を受けた。自主保育という選択に不安はあったが長男が選んだことで決意。参加すると「ありのままでいられる素晴らしさを知った」と、自身も虜になった。

 ○…結婚前は看護師として病院に勤務。精神科を担当し、うつ病に苦しむ患者を見てきた。「患者さんは自己肯定感が低い。育むためには何が必要なのか」。大学へ戻り2年間研究しても答えは出なかった。だが「できてもいいし、ダメでもいい」という環境で育てた子どもたちは「自分を認める力はついている」と感じている。だからこそ自由に、のびのび遊ぶ場を広めたいという。

 ○…プレーパーク開催に向け、町会や学校から手伝いの申し出や応援の声を受けることも多い。コロナ禍で委縮しがちな時こそ「子どもはもちろん大人も『遊び』が必要。多くの方に参加してもらいたい」と語る。

高津区版の人物風土記最新6

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月22日号

今成 研汰さん

全国高等学校定時制通信制体育大会の自転車競技大会で優勝した

今成 研汰さん

橘中学校出身 19歳

10月15日号

菊地 恒雄さん

『川崎の町名』改訂作業を担う日本地名研究所の事務局長を務める

菊地 恒雄さん

中原区在住 77歳

10月8日号

庄司 佳子さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した

庄司 佳子さん

幸区在住 69歳

10月1日号

高村 優奈さん

「2021ミス・ジャパン日本大会」に 出場する

高村 優奈さん

高津区在住 21歳

9月17日号

大山 隆久さん

北海道美唄市のアンテナショップを自社敷地内に新たに設けた

大山 隆久さん

久地勤務 52歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook