高津区版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

【Web限定記事】川崎市平和館 戦争を語る品、後世へ 771点の一部を公開中

文化

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
職員が手にする戦時中の品々
職員が手にする戦時中の品々

 終戦から75年。川崎市平和館(中原区)では、1992年の開館当初から、戦時中の日用品などを市民から募ってきた。これまでに寄せられた数は771点に上る(7月3日時点)。寄贈品の一部は、常設展や特別展などを通じ一般公開されてきた。女学生が使っていたという麦わらの洗面器、戦況に見立てたすごろくゲーム、焼夷弾の破片など当時の様子を物語る。最近は、陸軍軍用地「溝口演習場」があった宮前区の土地関係者から、境界を示していた石標が届けられたという。

 それでも寄贈件数は年々減少傾向にある。大坪浩行館長は「75年経ち戦争経験者が少なくなり、本人から直接届けられることはまれになった」と嘆く。しかし、それ以上に重視するのは寄贈品に込められた思い出や物語だ。子や孫が伝え聞いていたり、記憶していたりするケースもあり、当時を語る物一つ一つが後世への貴重な財産になる。

 自宅で過ごす機会が増え、家族が集う盆が近づく今、大坪館長は「自宅に眠る戦時中の物が見つかったら、ぜひご寄贈を」と呼びかける。

あすから「原爆展」

 同館は、8月1日(土)から30日(日)まで原爆展・特別展を開催する。

 ヒロシマの原爆を中心に、ビキニ環礁で被爆したマグロ漁船第五福竜丸、核兵器の元凶と核廃絶への動きなどをパネル展示する。

高津区版のローカルニュース最新6

在宅医療を学ぶ

在宅医療を学ぶ 社会

訪問診療医が講演

10月22日号

一日限定「美唄フェア」

一日限定「美唄フェア」 社会

23日 久地・日本理化学で

10月22日号

写真スポットがお目見え

梶ヶ谷「樹音」

写真スポットがお目見え 社会

ハロウィーン向けに設置

10月22日号

ジャイアンツJrに選出

久本BA入江諒太さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月22日号

シャンソンの歌声を

シャンソンの歌声を 文化

27日 すくらむ21

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook