高津区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

市政報告 医療、保健所体制 早急に強化を 日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 6月議会で、川崎市の医療供給体制と保健所体制について取り上げました。市の医療供給体制の実態は、政令市の中でも際立って脆弱です。市の病床数は人口10万人当たり716床で政令市ではワースト2位、医師数では231人でこれも政令市ワースト3位、ICU設置数は4・6か所でワースト4位と川崎市の医療供給体制は、政令市では最低レベルです。この状況では、とても秋以降のコロナ第二波には耐えられません。早急に病床と医師、ICUの設置数を増やすべきです。

 保健所の対応状況について、市民から、電話が全然つながらない、PCR検査が受けられないなど、不満や意見が相次ぎました。相談を受けた各区の相談センター、保健所では、衛生課職員全員で対応しても間に合わない状態になり、幹部職員は、3月、4月は土日祝日も含めてほとんど1日も休めない状態が続くなど、コロナの対応で激烈な勤務が続きました。この最大の原因は、市の保健所体制が、この25年間、削減され続け、弱体化したことにあります。

 市は2016年から感染症対策として、7保健所体制から1保健所と7支所体制に移行しました。この20年間で市の人口は30万人増えたのに、保健所の職員数は422人から369人と53人も削減しています。市の10万人当たりの保健所職員数は24人。横浜市の40人と比べて半分程度です。コロナ第二波に備えるためにも、早急に保健所の職員を増やし、体制を強化すべきです。さらに医療、公衆衛生分野を削減してきた新自由主義的な行革を見直すべきです。

むねた裕之

日本共産党川崎市議団 川崎区宮本町1 川崎市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.muneta-hiroyuki.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

志高く真摯に市政へ 市政リポート 54

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月23日号

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

市政報告

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

10月16日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

コロナ禍で「危機的な地域交通」

数値でみる川崎と高津 No.65 シリーズ

コロナ禍で「危機的な地域交通」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月2日号

「高齢者外出支援乗車事業」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 53

「高齢者外出支援乗車事業」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月25日号

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

数値でみる川崎と高津 No.64 シリーズ

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月4日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク