高津区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

ライオンズクラブ国際協会330-B地区のガバナーに就任した 吉本 晴夫さん 藤沢市在住 72歳

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

会員目線で組織刷新

 ○…神奈川、山梨の両県などを管轄するライオンズクラブ国際協会330-B地区。154クラブ計約4千人から成る組織の長として、7月から1年間手腕を振るう。今はコロナ禍で出来ることは限られる。だが逆にやるべきこともあるはず。目指すのは「ライオンズに入って良かった」。メンバーにそう思ってもらえる組織作りだ。

 ○…志を同じくする仲間が集い、力を持ち寄って社会奉仕する。ライオンズが原点とする「We serve(我々は奉仕する)」の精神だ。だが、未曾有の厄災は、そんな奉仕活動にも影を落としている。献血や募金活動もままならず、活動が休止状態にあるクラブも少なくない。また商売が難航し、会費が負担になるメンバーもいる。そこで考えたのは、地区会費の一時的な減免と組織体制の刷新。傘下の負担を軽減し、出向役員の数を減らすなど簡素化する方針だ。「コロナは災害。メンバーが苦しいときだからこそ、見直すべきものは見直さないと」

 ○…本業は税理士。地元藤沢で独立開業した数年後、顧客の誘いで藤沢中央ライオンズクラブに入会した。「最初は抵抗感があって、3年くらい入らずに粘ったんだけどね」と笑う。だが気が付けば半生をライオンズとともに過ごしてきた。

 ○…思い出深いのは、16年前のスマトラ島沖地震後に行った募金活動。街頭でメンバーとともに支援を呼び掛けると、外国人女性が涙を浮かべながら「私の国のためにありがとう」と自らも協力を申し出てくれた。自分一人だけの力では、きっと何もなし得ない。でも、「I」ではなく「We」なら―。それをライオンズは教えてくれた。奉仕活動の意義も。だから、今なら胸をはってこう言える。「僕の趣味?ライオンズですよ」

高津区版の人物風土記最新6

甲賀 哲朗さん

本紙連載「市民健康の森だより」の文章・構成を担当している

甲賀 哲朗さん

坂戸在住 72歳

9月25日号

山崎 百香さん

ノクティプラザ新フードホールのキャラクターデザインを担当した

山崎 百香さん

多摩区在住 29歳

9月11日号

大嶋 基照さん

川崎市北倫理法人会の      新会長に就任した

大嶋 基照さん

中原区在住 49歳

9月4日号

吉本 晴夫さん

ライオンズクラブ国際協会330-B地区のガバナーに就任した

吉本 晴夫さん

藤沢市在住 72歳

8月28日号

戸沼 智貴さん

限定の動画配信が好評だった梶ヶ谷小PTA会長を務める

戸沼 智貴さん

梶ヶ谷在住 44歳

8月21日号

鈴木 正孝さん

7月にオープンした「カワスイ 川崎水族館」の館長を務める

鈴木 正孝さん

都内在住 55歳

8月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク