高津区版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

GO!GO!!フロンターレ 地元期待の生え抜きルーキー

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
MF18 三笘 薫
MF18 三笘 薫

 「今年、川崎フロンターレで最も輝いている選手」との呼び声高いMF三笘薫選手(23)。変幻自在のドリブルと精度の高いシュートが持ち味だ。ルーキーながらリーグ5位の8得点を記録(9月12日時点)し、フロンターレ攻撃陣を牽引。宮前区出身、川崎フロンターレU─10からの生え抜き選手とあって、地元からも熱い声援が注がれている。

 幼少期の思い出の地は、U─10の練習拠点として慣れ親しんだ「フロンタウンさぎぬま」だ。「鷺沼駅やたまプラーザ駅周辺にもよく出掛けていました。最近はよく友人とラゾーナ川崎にも買い物に行きます」とサッカーもプライベートも川崎市中心の生活を送る。

 U─10から、フロンターレの下部組織一筋で成長を遂げてきた三笘選手。高校卒業後はトップチームへの昇格も期待されたが、筑波大学へ進学。地元川崎を離れてサッカーに励み、年代別代表にも選出された。2019年にはフロンターレの特別指定選手としてトップチームデビューを果たし、今季、晴れて正式加入となった。

 しかし、そんなルーキーイヤーを新型コロナウイルスが襲い、満員のホーム・等々力陸上競技場でゴールすることは叶っていない。それでもチームはJ1新記録となる同一シーズン内での10連勝を記録するなど快進撃を続ける。「8月23日の名古屋グランパス戦は負けてしまいましたけど、その後立て直して3連勝できている。もう一度連勝記録を抜く気持ちでいます」と前向きだ。

 個人のプレーにも自信を見せており、自身の持ち味を「相手DFとの1対1の場面が多いので、仕掛けるタイミングや背後を狙った駆け引きを見てほしいです」と語る。また、チームのスタイルについては「相手ゴールに近い位置でプレッシャーをかけてミスを誘発したところで一気に得点まで持ち込む場面がポイントです。中盤の選手も相手陣内に侵入することで、相手DFの隙をついてゴールを狙うことができています」と話す。

 コロナ禍で苦しむ地元への気遣いも忘れない。「今はサポーターや地元の皆さんとの交流機会が持てない状況ですが、コロナが収まったら元気にお会いできるよう全力で戦います。皆さんも何とか踏ん張って川崎を盛り上げられるようにお互い頑張りましょう」。満員の等々力で大声援を受けながらゴールネットを揺らす日を思い描く。
 

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第15話 その2 境野 勝之さん

10月16日号

GO!GO!!フロンターレ

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第15話 その1 境野 勝之さん

10月9日号

「モーニング&アフタヌーンコンサート」開催のお知らせ

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第14話 その3 岩崎 輝彌(てるや)さん

10月2日号

GO!GO!!フロンターレ

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク