高津区版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 「のらぼう人生」凝縮 高橋孝次さん 書籍刊行

文化

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena
新著を手にする高橋さん
新著を手にする高橋さん

 川崎市の伝統野菜「のらぼう菜」を70年作り続ける高橋孝次さん(88)=多摩区=が、書籍『のらぼう菜―太茎多収のコツ』を今月刊行した。

 のらぼう菜は甘みが特徴のアブラナ科の野菜で、鎌倉時代から市内で栽培が始まったとされる。高橋さんは市内学校で食育の出前授業を続け、2015年には県内2人目の「地域特産物マイスター」に認定。書籍では歴史や栽培方法のポイント、おいしい食べ方などをまとめている。

 高橋さんは「のらぼうで人生の最後を飾る気持ちを本に託した。10年来の夢が叶ってうれしい」と思いを語る。執筆に協力した市民団体「かわさきのらぼうプロジェクト」の清水まゆみさんは「表紙題字は高橋さん直筆。菅地区の『のらぼう菜』と共に歩んだ88年の重みを感じる」と話す。

 一般社団法人農山漁村文化協会発行、A5判88ページで税込1320円。市内書店や通販サイトAmazon(アマゾン)で購入できる。問合せは清水さん(norabona2020@gmail.com)。

高津区上作延539-5 

誠実に、お客様に満足いただける良いものをつくる

http://www.choei-k.co.jp

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

多摩川で8編の物語

【Web限定記事】 市内出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

【Web限定記事】

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

下作延で強まる"連帯感"

下作延で強まる"連帯感" 文化

コロナ禍でも「できること」

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

「春の開放」2年ぶり

「春の開放」2年ぶり 文化

生田緑地ばら苑 23日まで

5月7日号

グッズ制作で地域連携

川崎競馬

グッズ制作で地域連携 社会

年8回プレゼント

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter