高津区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

高津区が主催する在宅医療のシンポジウムで基調講演を行う 野中 勇志さん 下作延勤務 38歳

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena

「医療で地元に貢献したい」

 ○…高津区役所のそばに、訪問診療に特化したクリニックを開業して約半年。「まだ(開業後)日が浅いので…」と謙遜しながらも「緊急で訪問診療を依頼したい患者様は沢山いらっしゃる、またそういう心配や不安を抱えた方は多いのではないかと思います」と地元における在宅医療のニーズを冷静に分析する。

 ○…地域の居宅介護支援事業所のケアマネージャーや高津区役所の職員などからの強い要請を受けシンポジウムの基調講演を引き受けたのも、こうした需要から生まれる自身への期待の大きさを感じ取ったからといった様子。依頼自体は第一波のコロナ禍真っ只中だったため「本当に開催するのかも分からない状況でしたが『私でよければぜひ』と、お受けしました」と経緯を語る。

 ○…救急医療や消化器外科、癌治療などに携わり「患者ファースト」の姿勢を貫く一方、先輩医師の紹介で訪問診療を知ったのだとか。「病院を退院した患者さんが自宅で過ごしている姿は、病院勤務では見たことが無く新鮮でしたね」と振り返る。同時に「自宅で過ごす様子は人ぞれぞれ全然違うんです。自宅療養の大変さと大切さを知り、今まで培ってきた医療で地元に貢献したいと思ったのが訪問診療を専門にするクリニック開設の理由ですね」とも。

 ○…区内の小・中学校出身。当時からの旧友とは「今でも家族ぐるみで付き合っていますよ」とニッコリ。「生まれ育った高津区で皆様が少しでも快適に暮らせるよう、医療でお手伝いできれば」と想いを語り、医療と介護の連携強化などにも尽力する。無駄を厭わず、面倒な事もすすんで行うのがポリシー。その瞳には患者のみならず「地元ファースト」で推し進める在宅医療の未来像が、映っている―。

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

古渡 智江さん

声楽家(ソプラノ歌手)として、長きにわたって地域に元気を届けてきた

古渡 智江さん

末長在住 73歳

2月19日号

中根 一(まこと)さん

「高津区認知症連携を進める会」主宰者の一人で、啓発オンライン講座を開催している

中根 一(まこと)さん

二子在勤 59歳

2月12日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区在住 36歳

2月5日号

内藤 岳史さん

電子機器分野で国内屈指の技術力を誇る地元・新作の製造会社の代表を務める

内藤 岳史さん

新作在勤 49歳

1月22日号

伊藤 博幸さん

高津警察署への抗菌・抗ウイルス対策を無償で行い、感謝状が贈られた

伊藤 博幸さん

溝口在勤 48歳

12月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク