高津区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

ドギーバッグアイデアコンテスト 「mottECO(モッテコ)」が大賞 坂戸の大谷さん夫婦の合作

文化

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
「取り組みが広がれば」と研二さん
「取り組みが広がれば」と研二さん

 食品ロスを削減しようと環境省などが行った「Newドギーバッグアイデアコンテスト」のネーミング部門で、坂戸在住の大谷研二さん、紗苗さん夫婦が合作した「mottECO」(モッテコ)がこのほど、大賞に選ばれた。「まさか大賞になるとは思ってもいなかった。この言葉が普及してほしい」と喜びを語った。

 国内では現在、年間で約600万トンの食品ロスが発生している。アメリカなどでは、外食時に食べ残した料理をドギーバッグという容器につめて持ち帰る文化がある。しかし、日本では衛生面などの問題もあり、定着はしていない。このような背景から、環境省と消費者庁、農林水産省、ドギーバッグ普及委員会は新しい愛称とパッケージを3月から8月にかけて募集。ネーミング部門には2340点の応募があったという。

 主催者によると、mottECOは「持って帰る+エコ」「もっとエコ」という2つの意味合いが読み取れ、視覚的にもエコが際立っている点が評価されたという。

「もったいない」が鍵に

 研二さんはキッチン用品の営業職で、仕事の一環で保存容器について調査していたところ、コンテストを知った。紗苗さんに相談すると、意気投合。2人でアイデアを出し合い応募を決めた。紗苗さんは「もったいない」をキーワードにイメージを膨らませた。「『持って帰ろう』『持って行こう』などいろいろ考えて、その中から『もってこ』が出てきて。そうしたらそれしか考えられなくなった」と紗苗さん。当初は「motteco」だったが、「eco」を強調しようと大文字表記にしたのは研二さんの考えという。

 日ごろからエコバッグやマイボトルを持つなどはしているが、食品ロスに関してはあまり意識していなかったという2人。研二さんは「食品ロスについて改めて考える機会になった。外食時だけでなく、冷蔵庫の食材も無駄にしないように気を付けたい」と話した。

 環境省によると、mottECOの取組みは地域単位で飲食店などに導入してもらい、仕組みづくりや啓発方法、効果検証などを行うモデル事業として進められる予定。

高津区上作延539-5 

誠実に、お客様に満足いただける良いものをつくる

http://www.choei-k.co.jp

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

多摩川で8編の物語

【Web限定記事】 市内出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

【Web限定記事】

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

下作延で強まる"連帯感"

下作延で強まる"連帯感" 文化

コロナ禍でも「できること」

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

「春の開放」2年ぶり

「春の開放」2年ぶり 文化

生田緑地ばら苑 23日まで

5月7日号

グッズ制作で地域連携

川崎競馬

グッズ制作で地域連携 社会

年8回プレゼント

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter