高津区版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする 脇坂(わきざか) 泰斗さん 横浜市青葉区在住 25歳

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

溢れる意欲 にじむ責任感

 ○…今季のフロンターレの快進撃を支えるキープレーヤーの一人だ。分厚い選手層の中にあって27試合中、24試合(11月14日鹿島戦終了時点)に出場し、3得点をマーク。5つのアシスト数はリーグで9番目にあたる。攻撃的MFとして「10ゴール、10アシスト」を今季の目標に据える中、「まずは昨季の5ゴールを上回りたい。アシストもチームトップ、リーグトップを目指したい」と、さらなる存在感の発揮に向け貪欲な姿勢をみせる。

 ○…フロンターレUー18から阪南大学を経て2018年に加入。プロ入り2年目の昨シーズンに頭角を現し、リーグ戦18試合に出場。「勢いだけでピッチに立っていた」というが、今季は「チームを引っ張っていかねばならない」との責任感を胸にプレーする。コロナ禍で試合が中断した時には「サッカーをしたくても、体が健康でも、練習することすらできない」と不安や葛藤がよぎった。ただ、そうした経験があったからこそ「幸せを感じてサッカーができている」と語る。

 ○…私生活では今年6月に入籍。等々力陸上競技場と麻生グラウンドの中間地点に住まいを構える。新百合ヶ丘の練習場近くにあるカフェはお気に入りで新妻とも足を運ぶ。川崎区と中原区の焼肉屋もチームメイトとともに英気を養うスポットにあげる。

 ○…「頭と心の切り替えに苦労した」連戦を乗り越え、優勝が視界に入ってきた。「史上最速を目指します」ときっぱり。今季のターニングポイントはセレッソ大阪にホームとアウェー2試合とも勝利をしたこと。「チームが勝負強くなったと感じた」。市民、サポーターの温かな応援に感謝しつつ「市民と一緒により強いクラブになりたい」とも語った。

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

古渡 智江さん

声楽家(ソプラノ歌手)として、長きにわたって地域に元気を届けてきた

古渡 智江さん

末長在住 73歳

2月19日号

中根 一(まこと)さん

「高津区認知症連携を進める会」主宰者の一人で、啓発オンライン講座を開催している

中根 一(まこと)さん

二子在勤 59歳

2月12日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区在住 36歳

2月5日号

内藤 岳史さん

電子機器分野で国内屈指の技術力を誇る地元・新作の製造会社の代表を務める

内藤 岳史さん

新作在勤 49歳

1月22日号

伊藤 博幸さん

高津警察署への抗菌・抗ウイルス対策を無償で行い、感謝状が贈られた

伊藤 博幸さん

溝口在勤 48歳

12月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク