高津区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

県政報告 コロナ危機を乗り越える新しい社会へ 日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症が医療や介護、子育て、教育、雇用を直撃しています。今年は困難をどう乗り越え、希望あるポストコロナの社会をつくるのか、みなさんとともに考え、県議会で取り組みます。

PCR検査拡充と医療体制の充実を

 12月17日時点で県ではクラスターが60施設、916人に発生し、うち医療や福祉・介護施設の陽性者が78%を占めます。私は医療機関や高齢・障がい者施設、学校、保育園等で陽性者が発生したら速やかにPCR検査の対象を拡大し検査すべきと要求。県は8月から11月末までに職員、入院・入所者、児童生徒など52施設、4343人を対象に集中検査を実施。引続きクラスターが多発している地域全体の検査なども求めます。

 治療に懸命に励む病院が大きな減収と医療スタッフの人材不足により、県の病床拡大の要請に応えきれません。私は要請時には看護師などの人材確保への財政措置を要求。また、年末年始に開業する医療機関に大阪府のような協力金を支給すべきとも要求。2点とも財政措置がされることになりました。

学びの保障へ!少人数学級に急展開

 長年にわたり、共産党は少人数学級実現を求めてきました。コロナ禍で、教室での社会的距離の確保や一人一人に向き合う教育の必要性を多くの人が実感し、大きな世論が起こりました。とうとう25年度までに公立小学校の全学年で35人以下に引下げが決まりました。昨年6月議会の代表質問で私も質問しました。引続き取組みます。

石田 和子

日本共産党川崎市議団 川崎区宮本町1 川崎市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ishida-kazuko.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月8日号

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

県政報告

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

1月1日号

市民のより良い暮らしを求めて

市政広告

市民のより良い暮らしを求めて

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

1月1日号

川崎の未来へ。動く、進める。

「令和6年」市制100年 未来に残す価値 100年後も存在する価値 新春市政報告

川崎の未来へ。動く、進める。

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク