高津区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

市政報告 逼迫している医療実態を市民に伝えて! 日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市議会12月議会で日本共産党は代表質問を行い「新型コロナの医療提供体制について」取り上げました。11月14日、県知事が医療アラートを出しましたが、その週のモニタリングでは、川崎市は、受け入れ可能な病床数である即応病床の使用率は、重症80%、中等症85%と危機的な状況となっていました。さらに11月30日には、重症病床の使用率は94%となっていたにもかかわらず、12月1日の市長の会見では「病床は逼迫しているという状況ではない」と述べました。この認識は、医療現場の実態とは全く違います。確かに、市立川崎病院は、重症病床数を3床から13床に増やしましたが、救急病棟をすべてコロナ患者用に転用してしまい、一般の救急患者の受入れが、逼迫するような状況になっています。さらに、医療スタッフもなかなか確保できていません。日本医師会会長は、そういう医療現場の状況を伝えることこそ、市民の感染拡大防止につながると訴えています。日本共産党は、市長に対して、こういう医療現場の実態を市民に伝え、感染防止対策の強化に努めることを強く求めました。

 保健所では、第1波、第2波の時と比べて3倍の感染者が出ており、その仕事量を横浜の半分の職員体制でやっているなど激務が続いています。早急に体制を2倍にすることを求めました。また、今回の補正予算には、飲食店など中小企業への財政支援が全くありませんし、医療機関への財政支援もわずかです。早急に新たな補正予算を組んで、そこへの財政支援を求めました。

むねた裕之

日本共産党川崎市議団 川崎区宮本町1 川崎市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.muneta-hiroyuki.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月8日号

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

県政報告

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

1月1日号

市民のより良い暮らしを求めて

市政広告

市民のより良い暮らしを求めて

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

1月1日号

川崎の未来へ。動く、進める。

「令和6年」市制100年 未来に残す価値 100年後も存在する価値 新春市政報告

川崎の未来へ。動く、進める。

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク