高津区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

回顧たかつ 紙面で振り返る2020年 コロナ禍の中、明るい話題も

社会

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年は新型コロナウイルスの猛威によって、高津区内でも恒例のイベントが軒並み延期や中止に追い込まれるなど、未曾有の影響を及ぼした。だが年間を通せば、逆境をものともしない区民からの明るいニュースも散見された。そんな2020年をタウンニュースの記事から振り返ってみた。

周年事業・インフラ整備など

 令和初となった「高津区賀詞交歓会」参加者は650人(1月=写真【1】)。南武線・津田山駅の「自由通路」が完成、供用開始(6月=写真【2】)。マルイファミリー溝口に前年秋に新設のフードホール「HARA8(はらっぱ)」人気に(2月)。川崎市全町内会連合会の会長に高津区の瀧村治雄さん就任(3月)。江川せせらぎ遊歩道「桜のプロムナード」光で演出(3月)。二子新地の「U字溝の蓋問題」、行政の迅速対応で解消(4月)。川崎市民プラザ、新体制で再開(6月)。「土嚢ステーション」区内各所に増設(7月など)。KSP内に「マイナンバーカード」の普及促進施設(7月)。溝の口「ノクティ」フードコートを大幅刷新(9月)。下作延「眞宗寺」が黄金大仏をお色直し(9月=写真【3】)。溝口周辺が「脱炭素モデル地区」に(11月)。橘処理センターの建物外装の色を市民が投票で決定(12月)。

文化・芸術・芸能

 区内在住のソプラノ歌手・古渡智江さんが「かるがもコンサート」開催(1月=写真【4】)。洗足学園音楽大学の学生が歌で詐欺被害の注意を喚起(1月)。区による初の参加型イベント「ダンス!ダンス!たかつ」盛況(1月=写真【5】)。溝口の老舗イタリアン「ポモドーロ」37年の歴史に幕(1月=写真【6】)。区内舞台のギャグ漫画「サンレッド」新作出版にファン歓喜(1月)。北見方在住の石関武之さん、念願叶え「NHK全国俳句大会」の晴れ舞台へ(1月=写真【7】)。溝ノ口劇場、オープン2周年飾る初の自主公演(1月)。小中高の一斉臨時休校を受け「株式会社 文教堂」に参考書などを買い求める客が殺到(3月)。休校期間、オンライン配信でレッスンを行う音楽教室など頻出(3月など)。地元4寺院、ウイルス対策施し「花祭りイベント」(4月)。テイクアウト関連事業、続々と(4月など)。高津区市民健康の森での鯉のぼり掲出、ホタル観賞イベント、事前告知なくゲリラ開催に(5・6月)。溝ノ口劇場ステージで3ヵ月ぶり公演、オンラインで(6月)。神輿(みこし)イベント中止相次ぎ、献血で地域貢献する団体も(6月)。夏祭り中止も、神社が神輿見学受け入れ(7月)。地元花火師らが密避け5分だけの「打ち上げ花火」実施(7月)。区の子育て支援事業、再開へ(8月)。歌手・桜井純恵さんの「なかよしコンサート」今年は配信で(9月)。溝口神社「七五三詣」が事前予約制に(10月)。高津区文化祭にも「オンライン活用」随所に(10月)。区内在住の女優・加藤梨里香さん、帝国劇場のミュージカルで主演級ヒロイン役掴む(10月=写真【8】)。二子大通り商和会の「合同おせち」2年ぶり販売へ(10・11月)。「花コンサート」閉庁日開催へ(11月)。大山街道で密避ける新企画「謎解きイベント」実施(11月)。創業63年の老舗「スギザキ時計店・本店」年末いっぱいで閉店(12月)。

スポーツ関連

 みぞのくちノクティプラザ企画の「エキサイトマッチ」に長蛇の列も(2月)。スキーやスノボーが年中楽しめる区内のランドマーク「スノーヴァ」が閉店(3月)。宇奈根パークゴルフ場、台風とコロナ禍乗り越えリニューアルオープン(6月)。台風19号被害乗り越え多摩川河川敷の運動施設8カ月ぶりに再開(6月)。区内在住のアマチュアゴルファー・田中菊雄さん「エージシュート」快挙連発(6月・12月=写真【9】)。高津スポーツセンターのコロナ感染症対策「助っ人」に地元企業(8月)。区ゲートボール協会、コロナ厳戒態勢敷き秋季大会開催(10月=写真【10】)。株式会社ムサシボウルが70周年(10月)。コロナ禍の運動会、リモート活用など工夫も(11月)。高津区少年野球連盟リーグ戦「久本ブルーエンジェルス」が全勝優勝(11月=写真【11】)。末長小6年・高田誠仁くん平泳ぎの全国ランキングで1位に(12月=写真【12】)。

その他

 高津地区連合町内会が台風19号の影響で中止となったイベント運営費を寄付(1月)。上作延小にエジプトからの「授業参観」(1月)。橘小学校5年1組の児童が完成させた「ペットボトルアート」話題に(2月=写真【13】)。新区長に鈴木哲朗氏が就任(4月)。コロナ詐欺、急増(4月)。ホテルKSPが医療現場へ「シャワーキャップ」寄贈(5月)。株式会社富士通ゼネラルが区内公立校へマスク5万枚(6月)。補聴器店主考案の「耳痛くないマスク」評判に(6月)。区内ロータリークラブが区に「顔シールド」寄贈(7月)。「GO TOキャンペーン」解説する旅行案内会社に問い合わせ急増(9月)。多摩川アユ遡上数、激減受け成魚放流(8月)。高津消防署、市民の救命活動などを表彰相次ぐ(10月など)。橘小学校6年3組の児童「ネパールに井戸を」と不要布地で「エコバック」制作(11月=写真【14】)。久地「早川製作所」メタル尺八を量産化(11月=写真【15】)。

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

後を絶たない「集積所の資源物持ち去り」に対し、川崎市がついに罰則化に向け本腰!?

【web限定記事】

後を絶たない「集積所の資源物持ち去り」に対し、川崎市がついに罰則化に向け本腰!? 社会

方針案策定の動きに「ホームレスにとってはアルミ缶が生活の糧」などと人権擁護を訴える市民団体の声も

2月26日号

各区へ実験拡大

【Web限定記事】 市シェアサイクル

各区へ実験拡大 社会

4月から 武蔵溝ノ口駅など追加

2月26日号

「憲剛」の名思い込め

「憲剛」の名思い込め 社会

久地・早川製作所

2月26日号

名前「たまずん」に

宇奈根のナマズ

名前「たまずん」に 社会

千件超の応募から選定

2月26日号

施設一部を貸出停止に

高津市民館

施設一部を貸出停止に 社会

ワクチン接種会場に伴い

2月26日号

献血協力に感謝

川崎西RC

献血協力に感謝 社会

154人が窓口へ

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク