高津区版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

宇奈根「カワサキ・スイミングクラブ」 守った「正月風景」 恒例の初泳ぎ、今年も

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena
元日からプールで水しぶきを満喫する参加者
元日からプールで水しぶきを満喫する参加者

30年続く風物詩

 区内宇奈根にある地域密着型のスポーツ施設「カワサキ・スイミングクラブ」で1月1日「新年初泳ぎ」が行われた。

 これは、同クラブで30年以上続いているイベントの一つ。年末年始、休業となるプールを元日のみ会員向けに開放し、初風呂のような感覚で泳いでもらおうといった主旨の企画は毎年好評を博し、地元の風物詩として親しまれてきた。

中止も検討

 しかし今年は新型コロナウイルスの影響で状況が一変。高津区内でも初詣の分散参拝が呼び掛けられ、初売りなども規模縮小を余儀なくされる中、同クラブの「正月恒例行事」も実施が危ぶまれていた。そんな中、関係者は昨年暮れ前まで慎重に開催可否を検討。結果、参加者に検温などの感染症防止対策を徹底しながら初泳ぎを行う事を決めたという。

会員32人が参加

 開催当日、集まった参加者は会員32人。中には参加者同士で練習メニューを考案しながら、延べ約1500メートル

も泳ぐ人も見受けられるなど、皆初泳ぎを満喫していた。

 これまで(1月5日現在)にクラスターの発生などの報告もなく、クラブを運営する株式会社カワサキスポーツサービス代表取締役を務める松本弘志さんもホッとした様子。一方で17日に実施予定の新春イベントでは、餅つきや模擬店といったお楽しみプログラムを取りやめるなどの配慮も適切に施しており、初泳ぎの英断には「どうにか、お正月の風景を守りたい」という、気概のようなものが感じられた。
 

高津区版のトップニュース最新6

新規ワクチン「打ち止め」へ

高津市民館

新規ワクチン「打ち止め」へ 社会

今後「3回目会場」可能性も

10月22日号

逆境乗り越え、全国へ

坂戸小合唱団

逆境乗り越え、全国へ 文化

新メンバーで「一致団結」

10月22日号

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook