高津区版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した 新井 文人さん 川崎区在住 36歳

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena

数多の顔持つ新リーダー

 ○…川崎市内の20歳から40歳の若者たちでまちづくり活動をする川崎青年会議所(JC)の第71代理事長に1日付で就任。スローガンに「継承と変革」を掲げた。今までの様に人と会う活動が難しいなか、媒体を使うなどの新たな啓発活動の形を模索する。「今年はJC設立70周年の節目。先輩方の思いを再認識し、さらに発展させていきたい」と意気込む。

 ○…JC歴は11年。同業の先輩の誘いで入会したが、当初は何をする組織かも知らず積極的ではなかった。事業委員長として小学校で防災事業を行った時にはメンバーの家族しか集まらず、挫折感からやめようと思った。転機は出向先の関東地区協議会での硫黄島の慰霊事業。「硫黄島のような普通の人は立ち入り禁止のところにJCだと行ける。すごい組織だと思った」。以来、真剣に活動に取り組む。サラリーマン経験がなかった分、JC活動で世間を学ぶことが多いという。

 ○…川崎区渡田山王町出身。日大日吉中・高時代は生物部に所属。日大法学部在学中に海事代理士の資格を取り開業。大学院時代に行政書士の資格も取得した。趣味は全国の市区町村役場で自分の住民票を取ること。出張のついでと言うが、1700超ある市区町村のうち既に800以上を訪れた。多摩川の漁業権を持つ漁師でもある。主にあさり、はまぐり漁を行うが最近はさぼり気味。一昨年夏には立ち飲み屋も始めた。「いろいろやりすぎ、お前は一体何屋だと言われる」と笑う。

 ○…9月には70周年の式典を計画し、10月に集大成のイベントも行いたい。コロナ禍で思うように動けず、卒業によって会員数も大幅減少という厳しい船出だが181cm、120kgの大きな体で約60人の会員を引っ張っていく。

高津区版の人物風土記最新6

熊谷 智子さん

高津消防署の署長に就任した

熊谷 智子さん

東京都在住 56歳

4月16日号

中野 絢斗(けんと)さん

25歳以下のコミュニティ「かわさき若者会議」を立ち上げた

中野 絢斗(けんと)さん

坂戸在住 23歳

4月9日号

藤久保 正徳さん

「環境づくり」の活動が高評価を受けた明津町内会の会長を務める

藤久保 正徳さん

明津在住 72歳

4月2日号

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

第24回岡本太郎現代芸術賞で 「岡本敏子賞」を受賞した

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

坂戸在住 51歳

3月26日号

松本 智春さん

市立高津高校定時制の教員で、TEAM NETSUGEN(チーム ネツゲン)を主宰する

松本 智春さん

久本在勤 51歳

3月19日号

佐藤 健一さん

高津区子ども会連合会橘地区の会長を務める

佐藤 健一さん

千年新町在住 63歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter