高津区版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

25歳以下のコミュニティ「かわさき若者会議」を立ち上げた 中野 絢斗(けんと)さん 坂戸在住 23歳

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena

自分の地元に誇りを

 ○…「市内で地域活動をする若者のプラットフォームをつくりたい」と、25歳以下が条件のコミュニティを仲間と発足。「『まちづくり』と聞くとハードルが高く感じるかもしれないけど、いろんな切り口で地域と関わることができる。気軽に参加してほしい」と同志に呼びかける。

 ○…坂戸で生まれ育ったが、中高は横浜、大学は都内。家には寝に帰るだけで、地元のことはほとんど知らなかった。転機となったのは、大学4年時の東欧ベラルーシへの留学経験。帰国時に18カ国を経由し、多様な文化に触れた。そして行く先々で、現地の人々は自分の地元を誇らしそうに語っていたという。「君の地元は?」と聞かれたが、何も言えなかった。「恥ずかしかったし、悔しくて。何も知らないんだなと痛感した」と当時を振り返る。

 ○…「世界はこんなに面白いんだから、地元はもっと面白いはず」―。帰国後、すぐに有志団体「高津区市民健康の森を育てる会」に最年少として入会した。「ミカンの木が自生しているなんて知らなかった」と改めて豊かな自然に驚かされた。最近では先輩のメンバーにSNSの使い方を教えることも。「多世代が関わると、互いに持っていない知識と経験を補える」と世代間交流を肌で感じている。

 ○…福島県浪江町の訪問を2017年から続けている。当初は「単なる好奇心」からだったが、現地を見て胸が締め付けられた。春からは新社会人として、IT関係の企業に勤務となる。これからは訪問も難しくなるかもしれないと、今年3月11日に本籍地を浪江町に移した。「パスポート表記も『FUKUSHIMA』になる。海外の人たちに福島は復興していることを伝えたい」と目を輝かせた。

高津区版の人物風土記最新6

加藤 健太さん

指導にあたる水球チームを全国制覇に導いた

加藤 健太さん

宇奈根勤務 29歳

5月14日号

籾山 次郎さん

上作延老人会 最勝会の会長を務める

籾山 次郎さん

向ヶ丘在住 81歳

5月7日号

武笠 和師(むかさ かずのり)さん

高津消防団の第13代団長に就任した

武笠 和師(むかさ かずのり)さん

二子在住 69歳

4月30日号

鈴木 公人(ひろひと)さん

高津警察署長に就任した

鈴木 公人(ひろひと)さん

溝口在住 59歳

4月23日号

熊谷 智子さん

高津消防署の署長に就任した

熊谷 智子さん

東京都在住 56歳

4月16日号

中野 絢斗(けんと)さん

25歳以下のコミュニティ「かわさき若者会議」を立ち上げた

中野 絢斗(けんと)さん

坂戸在住 23歳

4月9日号

高津区上作延539-5 

誠実に、お客様に満足いただける良いものをつくる

http://www.choei-k.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter