高津区版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

高津警察署長に就任した 鈴木 公人(ひろひと)さん 溝口在住 59歳

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena

集大成の地、走り抜く

 ○…高津警察署に着任して約1カ月。地域をまわり関係団体や住民らと触れ合う中で、高津署に対する大きな信頼や親しみを感じた。「地域の方々と歴代の署長が関係を築いてきたからこそ今がある。大切に引き継いでいきたい」と気を引き締める。これまで高津区にはあまり所縁がなかったが、街の魅力や課題も少しずつ見えてきた。バトンを受け取り、加速を始める。

 ○…神奈川県出身。高校卒業後、神奈川県警の採用試験を受けた。実力評価する警察は、大きなやりがいを感じられたという。「署長になれるなんて思ってもいなかった。そんな器じゃない」と謙遜するが、署長は今回で2度目。努力を重ね、確かな実績が認められてきた結果だ。上に立つ者として心がけるのは、思ったことを言葉にして発信すること。「署員は治安維持の原動力。感謝の気持ちはしっかりと伝えたい」。柔らかな表情がのぞく。

 ○…今でも深く胸に残るのは、22歳の時に機動隊として出動した、御巣鷹山での日航機墜落事故。凄惨な現場は想像を絶した。「ディズニーランドのお土産の袋が落ちていて。楽しい思い出だったのに、無念だったろうな」。当時の感情が蘇る。事故を知らない世代に伝えるために、事故現場の写真は今も署長室の机の引き出しにしまってある。「不幸な人を出さない」と初心を誓った自身の姿も映っている。

 ○…趣味と健康管理を兼ねて、仕事後にランニングをするのが日課。走るのは地理を把握する目的もある。「実際に走ると、危険なところが目に入ってくる」と走りながらも、目を光らせているようだ。来年秋には定年退職を迎える。「警察官として集大成の地。最後まで全力で走り抜く」と力強く語った。

高津区版の人物風土記最新6

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月22日号

今成 研汰さん

全国高等学校定時制通信制体育大会の自転車競技大会で優勝した

今成 研汰さん

橘中学校出身 19歳

10月15日号

菊地 恒雄さん

『川崎の町名』改訂作業を担う日本地名研究所の事務局長を務める

菊地 恒雄さん

中原区在住 77歳

10月8日号

庄司 佳子さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した

庄司 佳子さん

幸区在住 69歳

10月1日号

高村 優奈さん

「2021ミス・ジャパン日本大会」に 出場する

高村 優奈さん

高津区在住 21歳

9月17日号

大山 隆久さん

北海道美唄市のアンテナショップを自社敷地内に新たに設けた

大山 隆久さん

久地勤務 52歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook