高津区版 掲載号:2021年5月21日号 エリアトップへ

川崎市 待機児童 4年ぶりゼロ 保留は1846人 25%減

社会

掲載号:2021年5月21日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は認可保育所等に入れない待機児童数が、4月1日時点で4年ぶりにゼロになったと今月発表した。市はコロナの影響で保育を控える傾向があったことも一因と分析。希望の入所先に行けなかった保留児童数は、前年比601人減の1846人だった。

 就学前児童数は前年比2845人減の7万6746人だったのに対し、保育所等の利用申請者数は655人増の3万5398人に。利用児童数も1256人増の3万3552人でいずれも過去最多だった。一方で、保留児童数は前年比325人減だった昨年度の2447人から、さらに減少幅が広がった。市は、川崎認定保育園や年度限定型保育事業などを各区役所で案内し、入所保留者の要望に応えてきた結果としている。

 待機児童ゼロ達成について、福田紀彦市長は今月11日の会見で「申請者は増えたが、コロナを踏まえて辞退したり、0歳で預ける予定だったところを育休延長するなど特殊事情が重なったのでは」とコメント。「来年は1歳児の枠が大幅に増えると予測している。今年とは違う課題に対し、気を引き締めなければならない」との見通しを示した。

区内保留児童大幅に減

 高津区では、保留児童数が278人と、前年の421人から大幅に減少した。区児童家庭課によると、今回、定員120人規模の保育所を含む認可保育所2園を新規整備。また認可外の川崎認定保育園から3園が認可へ、3園が小規模保育事業へ移行したほか、認定こども園に移行した幼稚園も1園あり、定員数が大幅に拡大したことを要因にあげる。同課は「コロナで0歳での利用を控えているという声も聞かれる。来年度どうなるか予測が立たないが、園選びの判断材料となる情報提供はより充実させていきたい」としている。

高津区版のトップニュース最新6

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」

日本理化学工業(久地)

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」 経済

コンテナ直売所、今秋新設

9月10日号

規模縮小、今年も

溝口神社例大祭

規模縮小、今年も 文化

関係者での神事のみ挙行

9月10日号

中学生からの手紙に感激

久地第二町会

中学生からの手紙に感激 コミュニティ教育

通学路の見守り活動で

9月3日号

生理用品、支援法を模索

県立高校

生理用品、支援法を模索 社会

大師高 トイレに試験設置

9月3日号

130年余りの歴史に幕

溝口岩崎酒店

130年余りの歴史に幕 経済

今後は「音楽ホール」に注力

8月27日号

学べる地域の拠点 新設

上作延・みんなの森

学べる地域の拠点 新設 コミュニティ文化

現役SE・松田さんが開所

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook