高津区版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した 小倉 正さん 横浜市在勤 77歳

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena

会員増強が最大の奉仕

 ○…ロータリークラブ(以下、RC)の基盤のさらなる充実強化をテーマに掲げ、川崎・横浜(第2590地区)の53クラブのリーダーとして会員増強の舵を取る。昨年、日本にRCが誕生して100年を迎えた。今年度は新たな100年に向けた1年として、「ロータリーライフがより楽しく、充実したものになるよう、各クラブの基盤のさらなる充実強化の実現を」と訴える。

 ○…ガバナーには各クラブの活動を啓発し、意欲を与え、ロータリーの目的を推進する任務が課せられている。その一つに「会員増強の推進」があり、その点を重視。「地区会員の減少が続く今日、減少を食い止め、いかに増加に転じることができるかが最大の課題」と指摘する。「従来にない職業や女性、若い世代の入会を促進したい。特に当地区は、女性比率が低いので重点を置く必要がある」

 ○…横浜市の出身。高校から慶応義塾で学び、大学卒業後に公認会計士の資格を取得。その後、最先端の会計業務を身に付けるため外資系の事務所へ。6年ほどの実務を経て父親の後を継いだ。地域活動では横浜青年会議所を経験し、42歳で県内最大規模の横浜RCに入会、3年前には会長を務めた。高校生からゴルフ部に所属し、国内最高峰の大会・日本オープンに2回にわたり出場した実力の持ち主。現在、日本ゴルフ協会の顧問も務める。「週末はゴルフ。そんな生活が長く続いています」と今も現役だ。

 ○…第2590地区の会員数は2千人を切った。「ロータリーに入りたいと思ってもらえるように、各クラブの活動をサポートしていきたい」と抱負を語る。自ら掲げたテーマの実現に向け「会員の増強こそが最大のサービス(奉仕)」と言葉に思いを込めた。

高津区版の人物風土記最新6

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月22日号

今成 研汰さん

全国高等学校定時制通信制体育大会の自転車競技大会で優勝した

今成 研汰さん

橘中学校出身 19歳

10月15日号

菊地 恒雄さん

『川崎の町名』改訂作業を担う日本地名研究所の事務局長を務める

菊地 恒雄さん

中原区在住 77歳

10月8日号

庄司 佳子さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した

庄司 佳子さん

幸区在住 69歳

10月1日号

高村 優奈さん

「2021ミス・ジャパン日本大会」に 出場する

高村 優奈さん

高津区在住 21歳

9月17日号

大山 隆久さん

北海道美唄市のアンテナショップを自社敷地内に新たに設けた

大山 隆久さん

久地勤務 52歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook