高津区版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

市政報告 市内コロナ病床は逼迫、災害級の対策を 日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市の新型コロナウイルス感染拡大の実態は深刻です。8月17日発表のモニタリング結果では、緊急事態宣言下の都道府県で比較すると10万人当たりの陽性者数254・5人は沖縄に次いで多く過去最多。陽性率54・9%は最高の神奈川(34・6%)より高い状況。医療提供体制では、コロナ病床使用率は80%で逼迫している東京(60%)より高く、重症病床の使用率は120%となり確保病床を30から45床に増やしたのに入りきれない状況です。自宅療養者数は18日の時点で7507人と全県の自宅療養者数(1万3342人)の56%を占めており、入院率も2・9%で、5月に医療崩壊を起こした大阪、兵庫、沖縄の10%台よりもずっと低く、感染してもほとんど入院できずに自宅療養となっている事態です。

 全国各地で自宅療養中に亡くなるケースが相次いでいます。早急に、自宅療養から医療の手が届くように、コロナ病床を増やし、宿泊療養施設を大規模に増やすことが求められています。

 保健所機能が限界に来ています。家族に陽性者が出ても、濃厚接触者の判定、PCR検査まで2、3日待たないと受けられず、病状が悪化し連絡しても保健所からの指示が来ないなどの事態が続いています。今は災害時と同様の体制と対策が必要です。共産党市議団は、市長に対し【1】医療の手が届く宿泊療養施設の確保と臨時の医療施設を大規模に増やすこと【2】災害時と同様に保健所への抜本的な体制強化【3】コロナ病床、医療従事者を確保するための市独自の財政支援を要望しました。

むねた裕之

日本共産党川崎市議団 川崎区宮本町1 川崎市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.muneta-hiroyuki.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「かわさきSDGsパートナー」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 63

「かわさきSDGsパートナー」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月22日号

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

過労死ラインの学校現場

数値でみる川崎と高津 No.78 シリーズ

過労死ラインの学校現場

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月1日号

「緊急経済対策の取組実績」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 62

「緊急経済対策の取組実績」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月17日号

「感染爆発から県民の命を守る」緊急申し入れを知事に提出

県政報告

「感染爆発から県民の命を守る」緊急申し入れを知事に提出

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook