高津区版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

高津高校定時制 川崎の魅力 大漁旗に 地域の大人と一体で制作

コミュニティ社会

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
完成した作品を前に笑顔の福澤さん(左)と大橋さん=写真上、昨年行われた打ち合わせの様子=同校提供
完成した作品を前に笑顔の福澤さん(左)と大橋さん=写真上、昨年行われた打ち合わせの様子=同校提供

 川崎の魅力を一面に描いたカラフルな大漁旗―。市立高津高校定時制の生徒と、同校に協力する地域の有志団体「TEAM NETSUGEN(ネツゲン)」のメンバーが制作した大漁旗が、このほど完成した。

 科学自然都市協創連合(東京大学生産技術研究所内)主催の「大漁旗プロジェクト」に参加し、制作したもの。同プロジェクトはSDGsの実現に向け、まちの魅力やビジョンを描いた旗のデザインを自治体ごとに募集し、制作した大漁旗を同大にたなびかせようという企画で、全国から52の作品が集まった。

 募集が始まった昨年、同校の福澤萌美路(もみじ)さん(3年)らが「やってみたい」と手を挙げたことから参加が決まり、データ提出にあたり専門的なツールが必要だったため、同校の松本智春教諭がネツゲンのメンバーでグラフィックデザイナーの村瀬成人さんと光武勉さんに協力を依頼。村瀬さんがデザインのアイデアをラフに起こし、光武さんや生徒らと打ち合わせして制作が始まった。

 大漁旗は「川崎のシルエットは魚に似ている」という村瀬さんの発想から、多摩川を泳ぐ魚をイメージしたデザインに。川崎の地図を区ごとに色分けし、各区の名所や特産物を生徒が考えアイコンとして制作し、配置した。当時の2年生の生徒一人ひとりがデザインした川崎の白地図を小魚に見立ててちりばめ、光武さんが全体のバランスを取りながら集約し、1カ月ほどで完成に至った。

 コロナのため延期が続き、今年7月にオンラインで開催されたフィナーレイベントでチームワーク賞を受賞。8月に市役所で福田紀彦市長に完成報告し、9月15日に大漁旗は学校に返還され、生徒たちにお披露目された。生徒らをとりまとめ、中心となって制作にあたった大橋勇暉(ゆうき)さん(3年)は「学年全体をまとめるのは大変だったが、完成品を見て嬉しくて仕方がない。たくさんの人に見てほしい」と出来栄えに満足げだ。福田市長から大漁旗を船につけて航行させてはどうか、という話もあがり、現在港湾局と実現に向けて調整中だ。福澤さんは「川崎市の大漁旗が川崎の海をめぐるのを実際に見るのが楽しみ」と笑顔をみせた。

高津区版のトップニュース最新6

新規ワクチン「打ち止め」へ

高津市民館

新規ワクチン「打ち止め」へ 社会

今後「3回目会場」可能性も

10月22日号

逆境乗り越え、全国へ

坂戸小合唱団

逆境乗り越え、全国へ 文化

新メンバーで「一致団結」

10月22日号

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook