高津区版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

溝ノ口劇場 最多11公演、無事に完走 「コロナ禍明け」に向け弾み

文化

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena
秋の大型連休の前半を、実力派アーティストのステージで魅了した
秋の大型連休の前半を、実力派アーティストのステージで魅了した

 地元の文化を創造する拠点の一つ「溝ノ口劇場」(重岡俊行オーナー)で9月15日から7日間、延べ11組の音楽アーティストが出演する自主公演が行われた。

 「みぞげきクラシック」と銘打たれたこの企画は、劇場のオーナーを務める重岡さん自らが企画内容の構築や進行管理など一切を担当。開催を決めた8月中旬から急ピッチで準備を進め、出演者のオファーから各種打ち合わせ、チラシやプログラムの作成等々の裏方作業を経て、公演初日に漕ぎ着けたという。

優雅なひと時、演出

 今回の企画は秋の大型連休の前半(9月15日〜21日)に、同劇場でも過去最多となる昼夜計11公演を行うというもの。コロナ禍の影響で開催可否の判断も難しく、準備期間が短くなったものの、重岡さんの熱意に応えたプロの実力派アーティストが出演オファーを次々に快諾。結果、他に類を見ない程の豪華なプログラム構成となり、期間中は連日、訪れた聴衆を魅了。ジャズやクラシックなどの音色が響く優雅なひと時を演出していた。

オーナー「笑顔活力に」

 1週間にわたるロングラン公演を終えた重岡さんは、厳しい状況下にもかかわらず出演オファーに応じてくれたアーティストや来場の観客に感謝の意を述べると共に「皆さんの笑顔を活力に、あと1年くらいはコロナ禍でも強く生きていけそうです」と、前を見据え話していた。

高津区版のトップニュース最新6

「マルシェ」で界隈に活気を

区内溝口

「マルシェ」で界隈に活気を 経済

来月4日 地元信金が初実施へ

5月20日号

「保留児童」減少続く

高津区

「保留児童」減少続く 社会

市全体も4年連続減に

5月20日号

感染症拡大防止に一役

NPO法人手を洗おう会

感染症拡大防止に一役 文化

啓発目指し絵画の募集も

5月13日号

「サークル祭」本格再開へ

高津市民館

「サークル祭」本格再開へ 文化

15団体が日頃の成果披露

5月13日号

記念動画を公開

高津区制50周年

記念動画を公開 社会

魅力を紹介 「未来につなぐ」

5月6日号

「AS(エージシュート)」ついに1000回

区内在住田中菊雄さん

「AS(エージシュート)」ついに1000回 スポーツ

“ゴルファーの夢”大台到達 

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook