高津区版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

川崎市 資源物持ち去り、罰金も 来年4月施行目指す

社会

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena
多摩川河川敷に積まれたアルミ缶
多摩川河川敷に積まれたアルミ缶

 資源物の持ち去りを禁止する条例改正案が、市議会定例会に先月提出され、本日8日の本会議で可決される見通し。2022年4月に施行、同年10月から違反者に罰金刑が科せられる。市は施行までに広報媒体などを活用し、周知していく考え。

 禁止するのは、市内のごみ集積所や回収場所からアルミ缶などの資源物を持ち去る行為。市が指定する事業者以外の持ち去りが確認された場合、市が指導し、従わない場合は禁止命令書を交付。違反者は20万円以下の罰金刑が科せられ、その法人なども対象となる。

 条例改正の施行は22年4月1日、罰則の適用は同年10月1日。市は施行に向け、市政だよりや町内会自治会の回覧板などを通じて市民に周知していくとしている。

流出、5年で1億円超

 資源物の持ち去りについてはこれまで、騒音やごみの散乱など衛生面、処理費用がかかる粗大ごみが不正に持ち去られていることなどの苦情が市に寄せられていた。その資源物のおよそ8割がアルミ缶で、18年度までの5年間で約1億1千万円もの収入源が流出。市によると、アルミ缶はホームレスによる持ち去りが目立ち、粗大ごみや小物金属などは車両利用者が多いという。

 市環境局の担当者は「パトロールや指導などにより行為を未然に防ぎ、悪質性が高い組織的な行為への取り締まりを強化していく」と話す。

 一方、ホームレスにとってアルミ缶の売り払いで得た収入が生活の糧になっている実態もある。そのため市は、ホームレスの自立に向け、福祉施策への誘導や相談体制強化などの支援策にも取り組む。

高津区版のトップニュース最新6

文科省から優良表彰

久末小父母と先生の会

文科省から優良表彰 教育

組織改編、利便性向上図る

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

4年ぶり 故郷に「返還」

準絶滅危惧種「エビネ」

4年ぶり 故郷に「返還」 社会

官民連携で保全に成功

11月26日号

塗装技能で「匠」に

新作「丸紘」勤務綾部淳さん

塗装技能で「匠」に 社会

かわさきマイスター認定

11月26日号

いざに備え防災訓練

川崎市

いざに備え防災訓練 社会

新システム活用も

11月19日号

賃貸物件に「ダイチャリ」

不動産会社エヌアセット

賃貸物件に「ダイチャリ」 社会

来夏までに新規50カ所

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook