高津区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

志高く真摯に市政へ 市政リポート 63 「かわさきSDGsパートナー」について 川崎市議会議員 さいとう伸志

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は「SDGs」(持続可能な開発目標)の達成に向けて取り組む企業や団体などを登録・認証する「かわさきSDGsパートナー」という制度を今年度からスタートしています。

 このSDGsとは「人類がこの地球で暮らし続けていくために、2030年までに達成すべき目標」として、国際社会共通の旗印となっているものです。平和や福祉、経済、自然環境など多岐にわたる問題解決に向けた方策が示されていますが、例えば「食品ロス解消・省エネ」や「住み続けられるまちづくり」などといったスローガンの言い方を換えたものと考えると、身近なことと感じる方も多いのではないでしょうか。

現在398者が活動

 「かわさきSDGsパートナー」は現在、この取組みへの参加意志を表す「登録・パートナー」と、具体的な行動までも含めて参加意志を示す「認証・ゴールドパートナー」という2タイプのパートナーシップが設けられており、本年3月の応募開始以来、延べ398者が活動を始められています。また今月末にはさらに多くの事業者等が決定される見込みとなっており、規模のさらなる拡充が期待されています。

制度の正しい普及を

 しかし、このうちの「ゴールドパートナー」については、公共調達(入札)に参加できるインセンティブ(意欲を高めるもの)が付与される事になっており、これを主目的に、制度の趣旨を逸脱した考えの事業者が参加意志を示す懸念が捨てきれません。そこで本市における運用に際し留意すべきと尋ねると、担当者は「認証を受けた事業者には取組みに資する先進事例の共有やセミナーの開催、積極的な情報提供などを行いフォローアップに取り組んでいく」といった回答がありました。

 SDGsについては、制度の仕組みを十分に理解し、効果的に運営する事が何より大切です。

 「かわさきSDGsパートナー」については申請手続きの負担軽減や、融資制度における信用保証料の補助等のインセンティブもあり事業者にとって様々な面で取り組みやすい制度でもあります。それだけに今後も正しい普及に努めていく必要があると考えます。

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍で加速?「少子化傾向」

数値でみる川崎と高津 No.80 シリーズ

コロナ禍で加速?「少子化傾向」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

12月3日号

スマホで目を悪くしている子どもが多い!?

3歳児健診の視覚検査、市内眼科健診の充実に向けて 市政報告

スマホで目を悪くしている子どもが多い!?

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

11月12日号

ワクチン接種の効果は?

数値でみる川崎と高津 No.79 シリーズ

ワクチン接種の効果は?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

11月5日号

「かわさきSDGsパートナー」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 63

「かわさきSDGsパートナー」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月22日号

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook