高津区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

坂戸小合唱団 逆境乗り越え、全国へ 新メンバーで「一致団結」

文化

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
賞状とトロフィーを手に笑顔の団員と教諭ら
賞状とトロフィーを手に笑顔の団員と教諭ら

 坂戸小学校合唱団が、11月6日(土)に行われる「第74回全日本合唱コンクール全国大会」に出場する。コロナ下での一時的な団員減少や練習時間制限などさまざまなハードルを乗り越え、一丸となって歌声に磨きをかける。

 坂戸小合唱団は8月に行われた県大会で金賞を受賞。小学校部門は3回目の開催となる同大会に、県代表として初めて出場する。団長を務める武笠渉瑠(わたる)さん(6年)は「初めての全日本のステージ。楽しみも不安もあるが、一致団結して気を引き締めて臨みたい」と意気込みを語る。

 同校に通う3年生から6年生が所属し、過去にはNHKの全国コンクールへの出場経験もある強豪の一つ。昨年から指導者が変わり新たなスタートを切るはずだったが、コロナ感染拡大により新入団員の受け入れが一時中止に。6年生の卒業後は、新5、6年生9人のみで活動していた時期もあった。

 6月から3、4年生が入団し、現在は40人を超える大所帯に。初心者が一気に増える中、5、6年生で協力して後輩の指導にあたった。現メンバーでの練習は半年にも満たず、緊急事態宣言もありコロナ前より練習時間は半分以下となったが「歌いたい気持ちがすごくある子どもたち。集中力を切らさずに取り組み、やればやるほど輝きをみせてくれる」と顧問の森円佳教諭は話す。

 コンクールでは自由曲「ずっといるよ そばにいるよ」などを披露する。副団長の月生田(つきうだ)悠佑さん(6年)は「たくさんしてきた努力が無駄にならない演奏をしたい。楽しんで歌って、いい結果につながれば。支えてくれた先生たちに恩返ししたい」と笑顔で語った。

高津区版のトップニュース最新6

4年ぶり 故郷に「返還」

準絶滅危惧種「エビネ」

4年ぶり 故郷に「返還」 社会

官民連携で保全に成功

11月26日号

塗装技能で「匠」に

新作「丸紘」勤務綾部淳さん

塗装技能で「匠」に 社会

かわさきマイスター認定

11月26日号

いざに備え防災訓練

川崎市

いざに備え防災訓練 社会

新システム活用も

11月19日号

賃貸物件に「ダイチャリ」

不動産会社エヌアセット

賃貸物件に「ダイチャリ」 社会

来夏までに新規50カ所

11月19日号

災害時も日常の食事を

区内有志「減災ガールズ」

災害時も日常の食事を 社会

企業と「調理ジッパー」開発

11月12日号

県初優勝、いざ全国へ

西高津中駅伝部

県初優勝、いざ全国へ スポーツ

市大会からの「逆転」に歓喜

11月12日号

川崎市北部のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook