高津区版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

NPO法人たまりば 「弱さ」からつながりを 30周年シンポジウム

社会

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
登壇する(左から)西野理事長、向谷地氏、澤田氏、熊谷氏
登壇する(左から)西野理事長、向谷地氏、澤田氏、熊谷氏

 川崎市子ども夢パーク・フリースペースえんを運営する認定NPO法人フリースペースたまりば(西野博之理事長)は1月14日、30周年記念シンポジウムをすくらむ21で開催した。会場とオンラインで300人が参加する中、3人のゲストを招き「誰ひとり取り残さない〜『弱さ』でつながる社会へ」をテーマに実施した。

 第1部では「弱さとは何か」についてゲストが講演した。東京大学先端科学技術研究センター准教授の熊谷晋一郎氏はリモートで出演。脳性麻痺で幼少時に母親と壮絶なリハビリを行った自身の経験に触れ、障害を個人ではなく社会の問題として捉える「社会モデル」の考え方を紹介した。続いて登壇したのは、精神障害を持つ人の活動拠点「浦河べてるの家」理事長の向谷地生良氏。困りごとを抱える当事者が自身の課題を研究する「当事者研究」を利用者とともに続けてきたことを説明し「弱さは一つの可能性」との考えを示した。コピーライターの澤田智洋氏は、全盲の子の誕生を契機に福祉分野に活動の場を広げるように。自身を「スポーツ弱者」として設立した「世界ゆるスポーツ協会」を紹介し、「弱さは社会の伸びしろである」と結んだ。

 第2部では3人と西野理事長の意見交換を実施。10 月から施行される労働者協同組合法に触れ、生きづらさを抱えた人が対等な労働者として働くことができるようになるという可能性も示された。西野理事長は「世の中に誰ひとりムダな存在はいない。『弱さ』に着目すると繋がりが生み出されることに気づかされた刺激的な会だった」と総括した。

高津区版のローカルニュース最新6

「第81回川崎市制記念多摩川花火大会」の中止を発表

【web限定記事】

「第81回川崎市制記念多摩川花火大会」の中止を発表 社会

新型コロナの影響大きく、3年連続で

6月24日号

きょう6月24日に「鮎」を追加放流

【Web限定記事】川崎河川漁業協同組合

きょう6月24日に「鮎」を追加放流 文化

近況釣果「まずます」も、さらなる活気づくり目指す

6月24日号

多文化を学べる公開講座、参加しませんか?

区内千年の訪問看護チーム「自宅で点滴」周知強化へ

【web限定記事】

区内千年の訪問看護チーム「自宅で点滴」周知強化へ 社会

妊婦の「つわり」諸症状緩和にも

6月24日号

「新調上着(ジャンパー)」で活動に弾みを

川崎高津ロータリークラブ

「新調上着(ジャンパー)」で活動に弾みを 文化

少年消防クラブに寄贈

6月24日号

新作第二が3連覇

区少年野球連盟会長杯争奪大会

新作第二が3連覇 スポーツ

チーム一丸、一致団結

6月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook