高津区版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

たちばなふれあいの森 3年ぶり「ホタル観賞会」 27日から3日間、19時半頃〜

文化

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena
幻想的なイベント(写真は主催者提供)
幻想的なイベント(写真は主催者提供)

 区民の憩いの場などとして広く親しまれている「高津区市民健康の森」(たちばなふれあいの森)で、3年ぶりとなる「ホタル観賞会」が行われる。

 このイベントを主催するのは区民有志などで構成される「高津区市民健康の森を育てる会」(宮寺貞文会長)。同会は、保全などを手掛けているこの森を「ホタルの里」とするべく16年前から活動。源氏ホタル幼虫の放流を継続している。

直近2年は「ひっそり」

 かつては同会メンバーが卵の採取や孵化、幼虫の育成などを手掛け、近隣にある橘小学校の児童たちと一緒に放流イベントを行うなど地域を代表する風物詩の一つだったが、直近2年は状況が激変。コロナ禍に見舞われ、大々的な周知が手控えられていた。しかしこの間も、ホタルの育成は行われ、地元の人たちが密かに来訪し、光の舞を楽しんでいたという。

今年は「本来スタイル」

 今年はしっかりと対策を施し、3年ぶりに本来の鑑賞会スタイルを復活させる。実施は5月27日(金)から29日(日)までの3日間。午後7時半から9時ごろまで、幻想的な光の舞を楽しめる予定。

 宮寺会長は「期間中は現地で会員が待機するので、初夏の風物詩を楽しんでもらえれば」と話している。

高津区版のローカルニュース最新6

開催10周年に寄せて

川崎ものづくりフェア

開催10周年に寄せて 文化

北工業会前会長 上松義典

7月1日号

浸水に備えボート訓練

浸水に備えボート訓練 社会

高津消防署、消防団が協力

7月1日号

「かわさきそだち」料理教室

市内産農産物

「かわさきそだち」料理教室 文化

参加者募集(先着24人)

7月1日号

「アラカン」で新バンド結成

高津区出身ドラマー 五十嵐公太さん

「アラカン」で新バンド結成 文化

武道館目指し地元公演

7月1日号

ニュースポーツを体験

ニュースポーツを体験 スポーツ

24日にスポセンで

7月1日号

今年もそれぞれ中止に

「区民祭」「橘ふるさと祭り」

今年もそれぞれ中止に 文化

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook