多摩区版 掲載号:2011年1月14日号
  • googleplus
  • LINE

お年玉が減少に平均24,327円 川崎信金の調査結果

 財布のひもは固く、子どもにとっては厳しい正月に―。

 川崎信用金庫が7日、小学生が貰ったお年玉やその使い道、お正月の過ごし方をまとめた調査結果を発表した。

 調査対象は同金庫の営業区域である川崎市全域と横浜市港北区・鶴見区・南区・青葉区・都筑区、東京都大田区。店頭の窓口と訪問先の家庭の小学生から聞き取り調査を実施し、550人から回答を得た。

 調査結果によると、小学生が貰ったお年玉の合計金額の平均は2万4327円で、前年よりも191円減少した。昨年に引き続き2年連続でマイナスとなった。低学年は2万233円、高学年は2万9896円だった。

 その使い道をみると、7割以上を貯金に回しており、子どもたちの堅実さが浮かび上がった。貯金の平均額は1万7972円。低学年では1万5457円、高学年では2万1394円だった。

 買い物に使った平均金額は5696円。買い物を種類別にみると、「ゲームソフト」が1位で38・5%、2位が22・0%の「本や雑誌・まんが」、3位が19・5%の「おもちゃ・ぬいぐるみ」だった。

 正月の過ごし方は「コンピュータゲーム」が69・9%で断トツの1位。次いで2位は29・7%の「トランプ」、3位は18・0%の「カードゲーム」と続き、室内での遊びが上位を占めた。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク