多摩区版 掲載号:2011年1月21日号
  • googleplus
  • LINE

多摩区地域福祉計画 パートナーシップで地域力 第3期案まとまる

 子育てや障害者支援、高齢者介護における市民との関わりを示した「第3期多摩区地域福祉計画(案)」がこのほど、まとまった。「パートナーシップ」を理念に区民や団体組織の連携確立をめざす。区役所で2月17日(木)、シンポジウムと説明会が開かれる。

 「地域福祉計画」の策定は平成15年の社会福祉法の施行に伴い、各市町村で福祉サービスの利用や福祉活動の住民参加などに関する方針を示すことが法定化された。川崎市では平成16年度に「第1期川崎市地域福祉計画」を策定し、市内各区でも計画をまとめている。

 策定の指標となる平成21年の統計調査によると、多摩区の人口動態(自然増減と社会増減を合計したもの)は1026人と市内7区で最も低く、他区の半分以下だった。20年以上の長期居住者は川崎区の45・8%に次いで2番目に高い44・3%だった。多摩区住民の定住意向も高く、高齢者率の増加傾向が示された。

 市民や福祉活動団体を対象にアンケート調査やヒアリング調査を実施しており、多摩区では「人間関係の希薄化」「区民と行政の連携不足」「町内会役員や民生委員の人材不足」といった課題が浮かび上がった。

 計画期間を平成23年度から25年度とする第3期案ではこうした課題を受け、「パートナーシップが光る多摩区」を基本理念に掲げ、▼「区民と行政のパートナーシップ」の推進▼地域での「つながり」の促進▼「多様な人材」の参画――の3つの目標を打ち出した。

 町会・自治会活動や市民活動、関係団体の連携を促進させるため、定期的な情報交換の場となる「つながりひろがるパートナーシップ連絡会」を設置する方針を盛り込んだ。公園を拠点としたコミュニティづくりを活性化させるため、区内で実施されている「多摩区みんなの公園体操」と「多摩区こどもの外遊び事業」を改めて計画に位置づけ、普及と定着をめざす。

 多摩区役所地域保健福祉課では2月17日(木)、シンポジウムと計画案の区民説明会を開く。シンポジウムでは同計画の策定に携わった推進会議委員が多摩区の地域福祉について語る。行政職員による説明会では質疑応答もある。時間は午後1時30分から3時30分まで。会場は多摩区役所11階会議室。定員は先着順で130人(直接会場へ)。

 問合せは同課(【電話】044・935・3292)まで。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

生田緑地 動画で集客へ

人種差別条例に刑事罰を

市民団体

人種差別条例に刑事罰を

3月9日号

のらぼう菜 栽培普及へ

明大農学部

のらぼう菜 栽培普及へ

3月9日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

登戸駅に北口改札

小田急電鉄

登戸駅に北口改札

3月2日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク