多摩区版 掲載号:2011年2月18日号
  • googleplus
  • LINE

〜シリーズ・変わりゆく商店街〜 連載第3回 学生が起爆剤に 生田中央商店会

経済

 小田急線生田駅前を通る津久井道を中心に広がる生田中央商店会。その歴史は古く、昭和26年に五反田商工会として創立したのが始まり。最盛期には127店舗と多摩区最大の店舗数を誇った。現在は92店舗が軒を連ねている。

 減少傾向にある同商店会だが、再生への鍵を握るひとつとして注目されているのが学生の力だ。きっかけは「生田活性化計画」をテーマに活動する明治大学のサークル「明治ベンチャープランニング」が同商店会にまちづくりのプレゼンを行ったのが始まり。

 商店会と学生らで意見交換会を開くと学生からは「立寄りたい店が少ない」と言われた。森山さんは「商店会の温かな雰囲気を残しつつも若い人の意見を柔軟に取り入れていきたい」と話す。

学生受入れ、思いひとつに

 60周年を迎える今年、目玉となるのが明治大学の学生も参加予定の「ふれあいまつり」だ。同祭りは毎年7月下旬と年末の売り出しに開催される。スタンプラリーやガラポン抽選会が主体だったが、昨年から同サークルが参加したことで今までとは一風異なる雰囲気となった。キャンパス内で採れた農産物の販売、教授や住民らによる討論会など新しい発想で盛り上げた。

 近年にない華やかさで話題になったが、課題はある。「せっかく学生が頑張ってくれても商店側の受け入れ態勢が整っていなければ効果が半減してしまう」。準備を入念に行って祭りの認知度を住民はもちろん、店舗側も上げていく必要がある。「思いをひとつに」――森山さんの思いは熱い。

 チェーン店や貸し店舗が増えて商店会に入らない店が増える中、生田駅前の生田中央商店会は生き残りをかけた対応を練り始めた。そのひとつが学生の若い力を活用したイベントだ。森山弘会長が話した。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

菅中、女子頂点に

多摩・麻生中1バスケ

菅中、女子頂点に

3月16日号

スポーツ体験 3千人超

大会で親睦深めて

多摩防犯協会

大会で親睦深めて

3月16日号

復興の祈り、キャンドルに

多摩LCが30周年

フランス風景画、来日

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク